ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 環境保全型農業直接支払交付金の概要

環境保全型農業直接支払交付金の概要

環境保全型農業直接支払交付金について

1 環境保全型農業直接支払交付金の概要

 環境に対する関心の高まりを背景に、農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全等への貢献が重要となっています。
 このことから、化学肥料、化学合成農薬を原則5割以上低減した上で、地球温暖化や生物多様性保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者団体等に対し、取組面積に応じた支援を実施します。

2 支援対象者

 次の要件を満たす農業者の組織する団体等が対象となります。
(1)販売することを目的に生産を行っていること
(2)国際水準GAPを実施していること
(3)環境保全型農業の取組を広げる活動(技術向上や理解促進に係る活動等)に取り組むこと

3 支援対象取組

化学肥料、化学合成農薬を県の慣行レベルから5割以上減らす取組と、次のいずれかの取組を合わせて実施する活動が対象となります。

○カバークロップ
 主作物の栽培期間の前後いずれかに緑肥等を作付けする取組
○堆肥の施用
 主作物の栽培期間の前後いずれかにC/N比の基準を満たした堆肥を一定量以上施用する取組
○有機農業
 主作物について化学肥料・化学農薬を使用しない取組
○リビングマルチ
 主作物の畝間に麦類や牧草等を作付けする取組
○草生栽培
 主作物の園地に麦類や牧草等を作付けする取組
○夏期の水田内ビオトープ
 主作物の水田内において夏期の栽培期間中を通じて湛水することができる側溝等を作る取組

4 中間年評価及び最終評価(平成27年~平成31年)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 環境保全型農業直接支払交付金の概要