ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 民生委員制度発祥の地おかやま

民生委員制度発祥の地おかやま

民生委員制度発祥の地 おかやま

 高齢者や障害のある方、子育てや介護をしている方等、様々な相談に応じる、地域の身近な相談相手、民生委員。誰もが安心して生活できる地域づくりの仕組みの一つ民生委員制度は、1917(大正6)年に岡山県で創設された「済世顧問制度」がその起源とされています。

民生委員・児童委員(※「民生委員」は児童委員を兼ねています。)

 民生委員は、社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、また、福祉事務所等関係行政機関の業務に協力するなどして、社会福祉を増進する方で、民生委員法により厚生労働大臣から委嘱されます。また、民生委員は、児童福祉法により児童委員を兼ねることとなっています。
 民生委員は岡山県が発祥の地で、100年の歴史があります。現在、岡山県内では4,000人余りの委員がそれぞれの担当する区域で活躍しています。
 その活動は、福祉事務所や保健所などの行政機関に協力するという公共性も持ち合わせていますが、皆さんに最も身近なところで、皆さんの立場に立った活動を展開していくことが一番大切なものとなっています。言い換えれば、地域のボランティアとして自発的に活動を行っていく方なのです。
 日常生活の中でお困りごとはありませんか。介護のこと、子育てへの不安、経済的な悩みなど、皆さんが抱える問題は様々です。このような時にはお近くの民生委員・児童委員に、まずはご相談ください。
 中には、「相談したいが、隣近所に知られてしまうかもしれない」といった不安をお持ちの方もおられるでしょう。しかしご安心ください。秘密の保持は、法律によって委員一人ひとりに義務づけられています。そして何よりも委員の一人ひとりは、見識があって人望の厚い人として地域の中から選ばれている方々ですので、安心して相談いただければと思います。

【民生委員の身分】
 特別職の地方公務員(非常勤)

【民生委員の報酬など】
 ボランティアとして活動するため給与(報酬)は支給されていません。ただし、必要な交通費・通信費・研修参加費などの活動費が支給されています。

【民生委員の任期】
 3年。再任も可能です。3年に一度、12月1日に改選されます(直近の改選日:令和元年12月1日)。

【主任児童委員】
 民生委員・児童委員の中から、厚生労働大臣により指名されます。地域の子どもや子育て家庭への支援を専門に担当しています。

【民生委員の定数】
・全国 238,416人(平成30年3月31日現在)
・岡山県  4,388人(令和元年12月1日現在)
<岡山県内の市町村別内訳>
岡山市1,242人、倉敷市790人、津山市285人、玉野市165人、笠岡市160人、井原市145人、総社市164人、高梁市136人、新見市133人、備前市131人、瀬戸内市102人、赤磐市122人、真庭市168人、美作市117人、浅口市79人、和気町59人、早島町23人、里庄町23人、矢掛町47人、新庄村6人、鏡野町67人、勝央町34人、奈義町26人、西粟倉村10人、久米南町26人、美咲町70人、吉備中央町58人

民生委員・児童委員の役割・職務

○民生委員は「常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行う」と定められています(民生委員法第1条)。
○民生委員・児童委員は、地域住民の「身近な相談相手」であるとともに、「支援へのつなぎ役」です。地域住民が抱える悩みや心配ごとなどの相談にのり、必要に応じて専門機関や福祉サービスの情報等を提供したり、そのような機関等につなぐなどにより、住民自らが課題を解決するための支援を行います。
○民生委員・児童委員には守秘義務があり(民生委員法第15条)、住民の立場に立って住民との信頼関係のもとに活動しています。
○民生委員法第14条では、民生委員の職務として次のような活動をあげています。
 ◇住民の生活状態を適切に把握する
 ◇援助を必要とする人に相談や助言、援助を行う
 ◇援助を必要とする人に福祉サービスについての情報提供などの援助を行う
 ◇関係行政機関の業務に協力する
 ◇社会福祉事業や活動への支援、住民の福祉の増進を図るための活動を行う
○児童福祉法第17条では、児童委員の職務として、児童および妊産婦についての上記の活動に加え、児童健全育成に関する気運の醸成に努めることをあげています。
○主任児童委員の職務は、児童福祉関係機関と区域担当児童委員との連絡調整、区域担当児童委員の活動に対する援助・協力を行うこととされており、区域担当の民生委員・児童委員と連携して活動しています。
(以上この項目「2019年版 新任民生委員・児童委員の活動の手引き」より抜粋)

「民生委員制度発祥の地 おかやま」を訪ね、民生委員の歴史に触れてみませんか・・・

 「民生委員制度発祥の地 おかやま」には、民生委員制度の起源とされている「済世顧問制度」を1917年に創設した笠井信一元岡山県知事の功績を讃え建設された銅像が、日本三名園の一つ後楽園に隣接する岡山城の一角にあります。
 また、「済世顧問制度」により、最初の「済世顧問」(今の「民生委員」)となった藤井静一氏の偉業を讃えた記念碑等ゆかりの場所が岡山桃太郎空港のすぐそばにあります。
 岡山を訪ね、民生委員の歴史に触れてみませんか。
 さらに、岡山県には、明治時代の中頃から昭和初期にかけ、救済事業に取り組んだ、「おかやまの四聖人」と呼ばれている、留岡幸助氏、石井十次氏、山室軍平氏、アリス・ペティ・アダムス氏ら偉人もいます。
 これらを紹介したパンフレットをつくりましたので、ぜひダウンロードしご覧ください。
 

岡山県 民生委員制度関係 関連リンク

意見をお聞かせください

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 民生委員制度発祥の地おかやま