ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 統計って?(きっずぺーじ)

統計って?(きっずぺーじ)

統計って?


1 統計(とうけい)とは

2 統計はこうして作られます。

3 統計の日について

4 統計制度(とうけいせいど)のなりたち

 

統計とは

多くの集(あつ)まりの中で、あることがらの分布(ぶんぷ)を調(しら)べ、

数であらわして、 全体(ぜんたい)がよくわかるようにしたもの

 

たとえば、

〇 3年1組全員(ぜんいん)の中で、国語、算数、理科、社会のどれが好(す)きかを調べたもの

好きな教科

〇 毎日、朝7時に気温(きおん)を計って、それを1週間続(つづ)けて調べたもの

朝7時の気温

〇 地球全体(ちきゅうぜんたい)のうち、海の部分(ぶぶん)の割合(わりあい)と陸(りく)の部分の割合を調べたもの

海と陸の面積

などがあります。

上に戻る

 

統計はこうして作られます。

調査結果(ちょうさけっか)が発表(はっぴょう)されるまでの過程(かてい)を、図にあらわしてみました。
統計というものは、たくさんの人の協力(きょうりょく)によってできるものだということがわかります。
 

統計の作り方

上に戻る

 

統計の日について

「統計の日」って、知ってますか?
 
「統計の日」(10月18日)は、明治(めいじ)3年9月24日(太陰暦(たいいんれき))、
日本で最初(さいしょ)の近代的(きんだいてき)な統計といわれる「府県物産表(ふけんぶっさんひょう)」に関する
太政官布告(だじょうかんふこく)が公布(こうふ)された日にちなんで定(さだ)められたものです。
 
太陰暦でいう9月24日は、現在(げんざい)の太陽暦(たいようれき)に直すと
10月18日になることからこの日を統計の日としています。
 

上に戻る

統計制度(とうけいせいど)のなりたち

統計制度は、いつ頃(ごろ)から、どのようにして現在(げんざい)の体制(たいせい)になったのでしょうか?


統計制度小史(とうけいせいどしょうし)

 
明治(めいじ)3年府県物産表が作成される。
(ふけんぶっさんひょうがさくせいされる。)
         4年太政官正院に「政表課」が置かれる。
(だじょうかんしょういんに「せいひょうか」がおかれる。)
        18年内閣の機関「統計局」となる。
(ないかくのきかん「とうけいきょく」となる。)
大正(たいしょう)9年 第1回国勢調査が実施される。
(だい1かいこくせいちょうさがじっしされる。)
昭和(しょうわ)22年統計法が制定される。
(とうけいほうがせいていされる)
         48年毎年10月18日を「統計の日」とすることを決定する。
(まいとし10がつ18にちを「とうけいのひ」とすることをけっていする。)

現在、主な統計業務は、「総務省統計局」及び「独立行政法人 統計センター」で行われています。
(げんざい、おもなとうけいぎょうむは、「そうむしょうとうけいきょく」および「どくりつぎょうせいほうじんとうけいせんたー」でおこなわれています。)

上に戻る

 


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 統計って?(きっずぺーじ)