ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)

急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)

ウイルスなど種々の病原体に感染にすることにより、弛緩性の運動麻痺症状を呈する感染症である。

 多くは何らかの先行感染を伴い、手足や呼吸筋などに筋緊張の低下、筋力低下、深部腱反射の減弱ないし消失、筋萎縮などの急性の弛緩性の運動麻痺症状を呈する。発症機序が同一ではないが、同様の症状を呈するポリオ様麻痺、急性弛緩性脊髄炎、急性脳脊髄炎、急性脊髄炎、ギラン・バレー症候群、急性横断性脊髄炎、Hopkins症候群等もここには含まれる。

※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター 急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)