ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「おかしBOX」事業について

「おかしBOX」事業について

「おかしBOX」事業とは?

 「おかしBOX」事業は、コンテストや研修会の開催、イベントへの共同販売会を通して、「就労継続支
援B型事業所」が運営する「おかしBOXいかさ」と「おかしBOXくらしき」の連携強化とPRを行い、
もって障害のある人の工賃向上を図るものです。

 「おかしBOXいかさ」は、平成25年10月から、岡山県の井笠(いかさ)地域に所在する「就労継続支援B
型事業所」と、市町、関係機関、企業及び岡山県備中県民局とが協力して、働いている障害のある人に支払
われる「工賃」の向上を目指す取組です。


 「おかしBOXくらしき(旧:お菓子ばこ倉敷)」は、平成28年2月から井笠地域にならって倉敷地区で
始められた取組です。

「おかしBOX」の流れ

  「就労継続支援B型事業所」等で以下の運営を行っています。

  (1)障害のある人が作ったお菓子を、箱(写真参照)に詰め合わせる。

  (2)お菓子を詰め合わせた箱を、市役所・町役場・民間企業などに設置する。

  (3)箱を設置したそれぞれの場所で、無人販売方式でお菓子を販売する。


     ※写真はおかしBOXいかさのものです。
おかしBOX本体
おかしBOXいかさ中身

「おかしBOX」事業の取組

おかしBOXスイーツコンテスト

おかしBOXスイーツコンテストちらし
 備中県民局では、「おかしBOX」事業の一環として、高校生以上の学生を対象に、
備中・備後地域の農産物を使用した焼き菓子のレシピを募集する「おかしBOXスイ
ーツコンテスト」を開催しました。

 217点の応募の中から選ばれた12点の作品を実際に調理してもらう二次審査会
を令和元年9月29日(日曜日)に開催し、優秀作品を決定しました。
 
 10月14日(月曜日・祝)にはFKS21(福祉施設の祭典)において、
優秀作品の表彰式を行いました。

 詳細についてはこちらを御覧ください。
第2回米粉スイーツコンテストについてはこちらを御覧ください。
第1回米粉スイーツコンテストについてはこちらを御覧ください。