ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 耕地課 黒谷ダム

黒谷ダム

黒谷(くろだに)ダム

説明

 黒谷ダムのある岡山市東山内地域では、大昔からたびたび日照りと洪水に悩まされていたため、その解消を目的として昭和6年度に「黒谷池」が造られました。
 その黒谷池ができてから半世紀が過ぎ、古くなったことから造りかえることとなり、造られたのが「黒谷ダム」です。この時、下流の290haの農地へ用水を配るだけでなく、大雨の時に余分な水を貯めておき、洪水の被害を防止する目的を持ったダムとなりました。
 造成には10年もの年月がかかりましたが、黒谷池の堤を利用して、下流側に新しい提を造ることによって、工事中でも下流のうちへ用水を配ることができました。
 また、黒谷ダム周辺は、公園や散歩道が整備されており、自然にふれることができます。
黒谷ダムの写真黒谷ダムの位置図

黒谷ダムの概要

形式 中心コア型ロックフィルダム
堤高 43.6m
堤長 208.5m
総貯水量 1,334,000m3
有効貯水量 1,134,000m3

現地への経路

 国道180号、国道429号交差点から国道429号北進 約12km

周辺ガイド

 黒谷ダム下流には、石の日時計が設置され、周辺には駐車場が整備され、様々な樹種が植栽されるなど散策に適しています。

トップページ 組織で探す 農林水産部 耕地課 黒谷ダム