ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 特殊詐欺にご用心!

特殊詐欺にご用心!

緊急警報!!

キャッシュカードを取られる被害が激増!

 警察官や金融庁職員をかたり、電話をかけつつ、共犯者が被害者方にキャッシュカードを受け取りに来る手口の被害が激増しています。

○ 被害に遭わないためにはキャッシュカードを取られる被害が激増

  『キャッシュカードは絶対に誰にも渡さない』

    警察官や金融庁の職員が

      キャッシュカードを預かることは絶対にありません。

  『キャッシュカードに関する電話があったら』

    絶対に詐欺です。

    すぐに電話を切り、110番通報してください。

 

 

○ 留守番電話の活用をお願いします!

    すぐに電話に出るのではなく、留守番電話機能や防犯機能付き電話を使うなどして、犯人と話をしないようにしましょう。  

    チラシをダウンロードできます。自宅の電話近くに貼って注意して下さい。  

緊急警報のチラシはこちらからどうぞ! [PDFファイル/250KB]

消費者庁が「株式会社DMM.comをかたる事業者」に関する注意喚起

 携帯電話に、SMSを用いて有料動画サイトの未払料金などの名目で金銭を支払わせようとする事案について、消費者庁が注意喚起を行っています。

 偽のDMMは、携帯電話のメール(SMS)を用いて、「有料コンテンツの利用料金の支払確認が取れません。連絡なき場合は、訴訟手続きに移行します」などと記載し、そのSMSに記載された電話番号に電話してきた人に、「今日中に支払えば訴訟は取り下げる」などと告げて、金銭を支払わせようとします。

 なお、実在する株式会社DMM.comとは全く無関係です。

※DMMを名乗っていない場合もあります。
※支払い方法として、Amazonギフト券や楽天ポイントギフトカードなどをコンビニで購入させ、そのギフト券に表示されたギフト券番号を電話で連絡させることで、金銭を支払わせます
※1軒のコンビニだけでなく、複数のコンビニを回らせてギフト券を購入させられる場合もあります。

詳しくは、消費者庁 平成29年2月28日付 ニュースリリース(外部リンク)

金融機関窓口で声をかけさせていただきます!

声かけをしています

  県警察では、特殊詐欺被害防止のため、高額の現金をお持ち帰りになられるお客様に対し、用途を確認するよう金融機関に要請しています。


 特殊詐欺は、皆様の貴重な財産を奪う卑劣な犯罪であり、県を挙げた各種取組を強力に推進しておりますので、ご協力をお願いします。

 

 

 

 

「臨時福祉給付金」名目の特殊詐欺にご注意ください

 平成29年3月以降、「臨時福祉給付金(経済対策分)」(簡素な給付金)が市区町村において支給されることに伴い、給付を口実とした特殊詐欺等の発生が懸念されるため、厚生労働省が注意喚起を行っています。
※「臨時給付金(経済対策分)」(簡素な給付措置)の“振り込め詐欺”“個人情報の詐取”にご注意ください [PDFファイル/406KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 特殊詐欺にご用心!