ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 結核対策について

結核対策について

平成29年度 岡山県結核診療連携拠点病院研修会を開催します

結核の早期診断と治療完遂を目指して

このたび、岡山県結核診療連携拠点病院において、県内の医師、看護職等医療機関等を対象にした研修会を開催します。
今年度は「結核の早期診断と治療完遂を目指して」をテーマに薬剤耐性結核菌についての研修を行います。
多くの方のご参加をお待ちしております。


○日時 平成30年2月8日(木曜日)18時30分~20時30分(受付18時00分~)

○場所 三木記念ホール(岡山県医師会館)岡山市北区駅元町19-2

○内容 
  研修1 「当院における結核患者および結核菌薬剤耐性の動向」
        南岡山医療センター 診療・業務支援顧問 河田 典子
  研修2 「最新の結核菌検査と耐性菌の現状について」
        結核予防会結核研究所 部長 御手洗 聡

※詳細は、下記 ちらしをご参照ください。

なお、参加を希望される方は、申込書(ちらし裏面)をご記入の上、2月1日(木曜日)までに事務局(南岡山医療センター内)へお申し込みください。

結核について

結核は発症した人の咳などに含まれる結核菌を吸い込むことで感染します。
現在でも、全国で毎年2万人近くの方が発症し、約2千人の方が亡くなっています。
岡山県でも年間200人以上の方が発症しています。
結核には早期発見と確実な治療が必要です。

「結核医療の基準」が一部改正されましたので、お知らせします。


 ○改正適用日 平成28年1月29日

結核関係様式

結核患者の届出

◆医師の行う届出:直ちに
◆病院管理者の行う届出:7日以内

結核医療費公費負担関係様式

結核指定医療機関関係様式

学校・診療所・社会福祉施設等の方へ

結核医療相談・技術支援センター開設しています!

 県では結核診療連携拠点病院に指定した国立病院機構南岡山医療センターと岡山県健康づくり財団内に、結核専門医が結核医療に関する相談や技術支援等を行う「結核診医療相談・技術支援センター」を平成25年10月3日に開設したところです。
 地域の医療機関、社会福祉施設、教育関係の医療機関関係者からの結核医療に関する個別相談、技術支援を電話やメールで行っています。

※センターは地域の医療機関等からの相談を受けることを想定しており、一般県民からの相談はお受けしないこととしています。
◎設置場所
  国立病院機構南岡山医療センター 都窪郡早島町早島4066
  メールアドレス minami-kekkaku@momc.jp
  電話番号:086-482-1128(ダイレクトイン) 専用内線4811、4812
  相談対応日:毎週月曜日と木曜日の13時から17時(祝日等の休日は除く)
 岡山県健康づくり財団附属病院 岡山市北区 平田408-1
 メールアドレス fuzokuhp@okakenko.jp
 電話番号:086-241-0880(代表)
  相談対応日:毎週金曜日の13時から17時(祝日等の休日は除く)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 結核対策について