ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 おかやまエイズ感染防止作戦

おかやまエイズ感染防止作戦

12月1日は「世界エイズデー」です!

UPDATE! エイズのイメージを変えよう

12月1日は「世界エイズデー」です。
世界エイズデーは、世界レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図ることを目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われます。
岡山県でも、「おかやまエイズ感染防止作戦重点実施期間」として、県内の保健所・支所で夜間・休日検査を行う等利用機会を拡大し、重点的に普及啓発を行っています。
感染の不安がある方は、この機会に是非、検査を受けましょう。

おかやまエイズ感染防止作戦を実施しています。

 県内の新規HIV感染者・AIDS患者の発生年代は20~40代が中心で、平成22年にはAIDSを発症してから見つかる患者が5割を占めるなど「いきなりエイズ」が多い状況でした。
 県では、(1)受けやすい検査、(2)戦略的な普及啓発、(3)関係者の連携強化、を3つの柱とし、全県を挙げて感染防止に取り組む機運を醸成・関係者一丸となって作戦を推進、HIV感染防止と「いきなりエイズ」防止に取り組む、「おかやまエイズ感染防止作戦」を平成25年度から実施しています。

早期発見が非常に重要です!

現在は医学が進歩し、早期に発見すれば薬による治療でコントロールすることが可能な疾患になりました。
早い段階でHIV感染が分かれば薬でエイズの発病を防ぐことができます。
早期に検査して早く治療することが重要です。

HIV(エイズ)検査、相談

受けよう!エイズ検査 愛する人のために、そして自分のために・・・

 HIVに感染しても自覚症状のない期間が長いため、検査を受ける以外にHIV感染しているかどうか知る方法はありません。自分でも気づかないうちに感染し、あなたの大切な人にも感染させているかもしれません。
 「もしかしたら…」と思ったら、まずは保健所へ御相談ください。
 備前・備中・美作・岡山市・倉敷市の各保健所では、エイズホットライン(エイズ相談専用電話)を設置して相談に応じています。
 なお、来所での相談を希望される場合には、事前に連絡をしていただくと、スムーズに相談が受けられます。

 また、保健所では無料・匿名でエイズ検査が受けられます。
 検査は、血液を5ccほど採取し、血液中のHIV抗体の有無を調べるもので、約1週間で結果がわかります。個室の待合があり、受付を通ることなく検査を受けることができます。
 ※備前・美作保健所では検査当日(約1時間後)に結果をお知らせできる即日検査にも対応しています。
 HIV抗体を検査できるようになるまでには、感染してから通常4-8週間かかります。
 確実な検査結果を得るためには、感染の可能性があったと思われる日から、3ヶ月たって検査を受けることをお勧めします。

 岡山県の各保健所では、HIV抗体検査・性器クラミジア感染症・梅毒・B型肝炎・C型肝炎の検査を同時に受検することができます。
 岡山市保健所では、夜間検査はHIV抗体検査と梅毒検査のみ同時に受検することができます。
 倉敷市保健所ではHIV抗体検査・梅毒検査・肝炎検査を同時に受検することができます。
詳しくは各保健所へお問い合わせください。

 ※必ず事前に電話で予約をしてください。

保健所でのエイズ相談・エイズ検査

エイズ治療拠点病院ではHIV(エイズ)検査が一律1,000円で受けられます。

県内全ての拠点病院で、エイズ検査を実施しています。
拠点病院では月~土まで毎日どこかの病院で検査をしています。

・検査料金 一律1,000円
・検査当日に結果をお知らせする即日検査
・感染機会の可能性がある日から8週目以降に 
 
 検査を御希望の方は、必ず事前に電話で予約をしてください。
 原則、匿名では受けられませんのでご注意ください。

 また、検査できる曜日、時間が増え、検査がより受けやすくなりました。
 検査日時等は、下の「エイズ治療拠点病院でのHIV(エイズ)検査」をご確認ください。

※エイズ治療拠点病院とは?
 エイズに関する専門的な医療を提供する、地域の中でエイズ診療の拠点となる病院。

●県内のエイズ治療拠点病院
 川崎医科大学附属病院(中核拠点病院)
 岡山大学病院
 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター
 岡山済生会総合病院附属外来センター
 岡山赤十字病院
 公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院
 独立行政法人労働者健康福祉機構岡山労災病院
 独立行政法人国立病院機構南岡山医療センター
 川崎医科大学総合医療センター
 津山中央病院

エイズ治療拠点病院でのHIV(エイズ)検査

正しい知識の普及啓発

エイズ-あなたは関係ないと思っていませんか?-

●エイズとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して起こる病気です。
HIVに感染してもすぐにAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症するわけではありません。風邪に似た症状が出ることもありますが、エイズ検査を受けなければHIVに感染しているかどうか分かりません。
病気とたたかう抵抗力(免疫)が低下して発症するまで数年~10年程度の一定期間自覚症状のない時期が続くことが特徴です。
 エイズの感染経路は (1)性行為(異性間・同性間)による感染 (2)血液を介しての感染(注射器具の共用など) (3)母親から赤ちゃんへの母子感染 です。
 ウイルスは、精液・膣分泌液・血液・母乳に含まれています。口腔や性器などの粘膜にこれらが直接触れなければ感染することはまずありません。

●エイズは予防できる病気です。
 HIVの感染力は弱いので、性行為以外では、日常生活の中でうつることは殆どありません。
性行為でも、コンドームを正しく使用すればほぼ100%予防することができます。ただし、直前につけるのではなく、性行為のはじめから終わりまでつけておくことが必要です。また、コンドームの使用は、梅毒やクラミジアなどの性感染症の予防にも役立ちます。

●エイズはHIVに感染していることを早く知ることが重要です。
 いまのところ、AIDSを完全に治す薬はありませんし、AIDSを発症してしまうと治療が難しくなります。HIV感染とAIDS発症は違いがあります。HIV感染は、エイズウイルスに感染はしているけれど、まだ症状がでていない状態をいいます。AIDS発症とは、23種類の指定された日和見感染症(正常な免疫力があればかからない病気)のいずれかを発症している状態をいいます。
 医療の進歩によって、適切な治療を受けることにより免疫力を回復することができ、発症する前にウイルスが身体の中で増えないようにAIDSの発症を阻止することができます。他の慢性疾患と同じように入院することなく定期的に病院に通うことで、コントロールが可能となっています。

●日本では、1日に約4人が新たにHIVに感染しています
 HIV感染者・AIDS患者数が増加しています。2016(平成28)年の国内でのHIV感染者AIDS患者の報告数は1,428件で、13年連続して1,000人を超えています。また、AIDSを発症して初めて感染に気づく方(いきなりエイズ)が3割と多いのが現状です。岡山県でも、HIV感染者・AIDS患者の報告数は増加傾向にあります。

●HIV感染者は、20~40歳代の男性が中心ですが、岡山県では、50~60歳代の感染の割合が全国よりも多くなっています。
 エイズ動向委員会の報告では、国内で新たにHIVに感染したことが分かった人の約7割が同性間の性的接触によるもので、20~40歳代の男性の感染が多くなっています。
 岡山県では、50~60歳代の報告が、全国よりも高い割合になっており、どの年代の方々にもエイズに関する正しい知識を持っていただき、積極的に検査を受けていただきたいと考えています。

●性感染症に感染していると、HIVに感染しやすくなります。
 性器クラミジア感染症や梅毒などの性感染症にかかっているとHIVに感染する確率が数倍から十数倍になります。
性器クラミジア感染症は、2006年以降最も患者報告数の多い性感染症という状況が続いており、無症状で他覚的所見の認められない無症状性感染者も多い状況です。また、岡山県の2016年の梅毒報告数は、増加傾向にあり、20~40歳代が全体の7割を占めます。性感染症はオーラルセックス(口腔性交)でもうつります。
多くの保健所では、性感染症の検査を実施していて、エイズ検査とあわせて無料匿名で性感染症検査を受けることができます。

●日常的な接触で、感染することはありません。
 ウイルスは、感染している人の精液、膣分泌液、血液、母乳に含まれていて、粘膜や傷口から体の中にある程度の量が入ることによりはじめて感染の可能性が生じます。
出血の可能性を考慮して歯ブラシやカミソリなどは共用しない方がよいですが、せき・くしゃみや握手などでは感染しませんし、鍋物をいっしょにつついたり、蚊による媒介などでも感染はしません。
ウイルス性肝炎など他のウイルスと比べても、HIVの感染力は弱いです。

●HIV感染は、検査でしか分かりません。
 AIDSを発症するまで、自覚症状のない期間が数年程度続きます。検査を受ける以外にHIVに感染しているかどうかを知る方法はありません。

●岡山県ではエイズ検査は11保健所・支所と10拠点病院で受けられます。
 保健所・支所では毎月定例日に無料・匿名検査をしています。結果は約1週間後に分かります。
 備前・美作保健所(定例検査日)及び倉敷市保健所(年8回定例イベント)では、即日(約1時間後)で結果が分かります。
 拠点病院では月~土まで毎日どこかの病院で検査をしています。検査料金は一律1,000円、結果は即日(1~2時間後)で分かります。

●受けやすい検査環境の充実を図っています。
 保健所・拠点病院の検査対応職員に、エイズ検査対応職員向けプログラムを実施する等、検査環境の充実を図っています。また、検査受検された方へ匿名でアンケートを行い、検査の質向上をめざしています。

●検査結果は、秘密厳守。
 医師や保健師などには守秘義務があり、検査結果が本人以外に漏れることはありません。保健所での匿名検査結果は、必ずご本人に来所していただいています。電話等で問い合わせても、結果をお知らせすることはできません。

●エイズは、性感染症の一つで特殊な病気ではありません。
 周囲の反応への不安から、病名を告げられないまま病気と向き合っている方もいらっしゃいます。正しい知識を身につけ、思いやりと気遣いを持って接しましょう。

●HIV陽性者への偏見・差別をなくしましょう。
 HIV陽性者への偏見・差別があると、陽性者の皆さんは、周囲からの偏見・差別が怖く、なかなかまわりに本当のことを告げることができません。
 HIV陽性者の皆さんが、偏見・差別を受けることなく過ごせる地域を作っていくために、エイズに関しての正しい知識を多くの方々に知っていただくことが重要と考えています。

●世界エイズデーとレッドリボンについて
 世界的レベルでのエイズまん延防止と感染者・患者に対する偏見・差別の解消を図ることを目的として、12月1日が“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定められました。この日を中心に世界各地でエイズ予防・支援のためのイベントなどが行われています。
レッドリボン(赤いリボン)は、エイズに関する理解と支援のシンボルマークです。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズをみんなで考えることが大切です。

●Living Together
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の発表によると、2015年末現在で約3,670万人もの人が世界中でこの病気とたたかっています。
岡山県でもHIVに感染している人も感染していない人も一緒に生きていて(Living Together)、偏見や差別のない社会づくりをめざしています。
●エイズの治療
 HIVに対するワクチンはまだ存在していませんし、今のところ身体の中にいるHIVを完全に取り除く治療方法もありません。
 しかし、医療の進歩により、AIDSを発症する前に最新の治療を始めれば、発症を防ぎ、糖尿病のような慢性疾患と同じように外来通院でコントロールすることが可能となっています。
 つまり、感染がわかった比較的早い段階から治療を始めるということが重要なのです。もちろん、健康保険も使えます。

エイズについて学んでみませんか? 「エイズ出前講座」

  地域、職場等の研修会に無料で専門の講師を派遣する「エイズ出前講座」を実施しています。
  医師、教師、助産師、NGO代表など多彩な講師の中から、お聞きになりたい内容に応じてご希望の講師が講演にお伺いします。
  詳しくは最寄りの保健所へお問い合わせください。

意見をお聞かせください

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 健康推進課 おかやまエイズ感染防止作戦