ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の花  リンドウ

津山地域のリンドウ

 りんどうは、リンドウ科の多年草で、7月から11月にかけて開花します。
 主流は青色ですが、ピンクや白、青と白の複色のものなど品種も増えてきており、仏花だけでなく、フラワーアレンジメントなどでも使われるようになってきています。
 鏡野町奥津地域は、昭和46年から栽培が始まった歴史ある産地で、今では周辺の同町上斎原・富地区、津山市加茂・阿波地区でも栽培され、津山地域を代表する花となっています。
 岡山県オリジナル品種のおかやま夢りんどう3品種ができたことで、栽培も増えてきています。

おかやま夢りんどう3品種とは

・早生1号:7月中下旬咲きの青色品種
・早生2号:8月条中旬咲きの青色品種
・中生:9月中下旬咲きの青色品種

1年目の栽培の様子

りんどう苗 紙マルチ

     小さい苗を5月下旬に定植          紙マルチで植穴を隠し雑草対策

8月下旬 枯れ

   8月下旬には草丈40cm程度に          11月には地上部は枯れ、冬支度

2年目以降の栽培の様子

4月の萌芽 6月

      4月上旬 萌芽が開始             6月中旬には草丈は1m近くに

蜂ネット 開花

   花に蜂が来ないようネットで覆い              頂花が咲くと収穫も間近