ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の果樹  ピオーネ

津山地域のぶどう(ピオーネ)

津山地域のぶどう栽培

 津山地域を代表する農産物の一つに、ぶどうが挙げられます。
 この地域で栽培されているぶどう品種の大部分はピオーネで、近年はシャインマスカット、オーロラブラック、紫苑等も増えています。その他品種は別の項に譲り、ここでは津山地域のピオーネ栽培について紹介します。 

津山地域のピオーネ産地はどんな所?

 岡山県内のピオーネは昭和50年頃に導入が始まり、現在ではほぼ全県に広がり日本一のピオーネ産地となっています。津山地域もこの一翼を担う重要な産地です。

ピオーネ

産地の立地条件

 津山地域は岡山県の中北部に位置し、ぶどうは津山盆地(標高100~200m)や吉備高原周辺の山間部(標高200~400m)で栽培されています。この地域は、昼夜の温度差が大きく、成熟が進む夏の最低気温が低いことから、美味しく着色の良いピオーネが生産されています。
 中北部のピオーネ産地の中では比較的標高が低い地域が多いため、県内のリレー出荷の中盤を占める産地として位置づけられます。このため、県南部の後を受けて出荷が始まり、さらに標高の高い産地にバトンを渡します。

栽培の取り組み

 津山地域のピオーネは、昭和58年頃から久米南町や津山市、鏡野町で既存品種からの転換により導入されました。また、昭和60年代に旧柵原町(現美咲町)で台地開発により栽培が始まり、平成9年には旧中央町(現美咲町)で主に水田転換により栽培が始まり、旧旭町(現美咲町)でも導入が進みました。現在ではJAつやまの生産組織が管内の全市町にあり、8部会が組織され、3つの選果場から出荷されています。
 また、新規栽培者が毎年参入し、栽培面積も増加している活気のある産地です。

〇津山地域のピオーネ栽培面積
市町部会栽培面積

津山市

JAつやまぶどう部会北部支部

JAつやま八出果樹部会

JAつやま久米ぶどう部会                

11.5ha

鏡野町

JAつやま西部ぶどう部会

10.4ha

久米南町

JAつやま久米南ぶどう部会

21.0ha

美咲町

JAつやま柵原ぶどう部会

JAつやま中央ぶどう部会

JAつやま旭ぶどう部会

43.4ha

合    計

86.3ha

※県農産課、JA、くだもの王国推進隊調べ

施設と作型

 最も多い作型は、一般にトンネル(簡易被覆)栽培と呼ばれている露地の棚に簡易な雨よけ施設をかぶせた作型で、津山地域を代表する作型です。病害の発生を軽減し、安定生産するために重要な施設です。
 栽培規模の大きい農家では、生育をさらに前進させて労働を分散させるため、加温ハウス栽培や無加温ハウス栽培も導入しています。

ピオーネ園地の風景。雨よけのためビニールを張っています。 連石地区

   久米南町(山手地区)の産地                美咲町柵原(連石地区)の産地

出荷時期はいつ頃?

〇ピオーネの収穫時期
 複数の作型を組み合わせて、産地内でピオーネを連続出荷できるようにしています。その他の品種も組み合わせることによって、さらに長期間にわたってぶどうの出荷が可能になっています。
・加温ハウス栽培・・・6月下旬~8月上旬
・無加温ハウス栽培・・8月上旬~8月中旬
・簡易被覆栽培・・・・8月下旬~10月下旬

〇主な出荷先
 東京、大阪、神戸、岡山、倉敷、福山、三原等の市場が中心です。また、津山地域の直売所や青空市でも販売しています。

高品質なピオーネ栽培に向けた取組

 美味しく高品質なピオーネを消費者に届けるためには、日頃から栽培技術や知識の向上が欠かせません。
 普及指導センターでは、生産部会や農協、市町と協力して、栽培技術の向上や収益の向上、産地づくり等のため、農業者を対象に講習会や研修会を開催しています。このことにより、新しい栽培技術を習得したり、毎年変動する気象条件に対応した栽培方法を検討することにより、高品質なピオーネの安定生産を目指しています。
 また、新たにピオーネ栽培を開始する人も多いため、栽培初心者を対象にした研修会も随時開催しています。
 さらに、JAつやま管内でピオーネの品評会を開催し、食味・外観ともに優れる生産を目指し、栽培技術の向上と高品質生産に取り組んでいます。

研修会(久米南町) 研修会(美咲町)

研修会による栽培技術の研鑽と初心者の技術習得(左:久米南町、右:美咲町)

ニューピオーネ共進会1 ニューピオーネ共進会2

                  津山地域ニューピオーネ共進会の開催

<参考>ピオーネってどんな品種?
・外観の色は紫黒色で、粒の大きさは15~18g以上になる大粒品種です。
・岡山県では種なしピオーネを「ニューピオーネ」として販売していますが、県内のピオーネは全て種なし栽培です。
・糖度は16度以上ですが、房によっては20度近いものもあり、甘味が強くて酸味とのバランスが良く、香りも良いぶどうです。
・大粒、種なしで、皮離れが良いため食べやすく、食べると果汁が口いっぱいに広がる美味しいぶどうです。

ピオーネが成熟するまで

ピオーネ