ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策局 > 公聴広報課 > 岡山県の放射性物質の状況

岡山県の放射性物質の状況

東日本大震災関連ページ

 トップページ   県民の皆様へ  被災者の皆様へ  被災企業の皆様へ  


岡山県の放射性物質の状況
 県では、県民の皆様に安心して日々の生活を送っていただけるよう、放射性物質等の測定や農畜水産物の放射性物質の調査など、様々な検査を行い、安全性に問題がないことを確認しています。

岡山県の環境放射線の測定・検出状況について

県では、
・モニタリングポストでの空間放射線線量率の測定
・地上1mの空間放射線線量率の測定
・降下物に含まれる放射性物質の測定
・上水(水道水)に含まれる放射性物質の測定
・大気浮遊じんに含まれる放射性物質の測定
を実施しております。
この件に関するお問い合わせは、
環境企画課
電話 086-226-7299

岡山県産農畜水産物に係る放射性物質の調査等について

岡山県産畜産物に係る放射性物質の調査等について

 本県では、平成23年8月から県内肥育農場より出荷され、県内で処理される牛肉を対象として、1農場1頭の放射性物質検査(全戸検査)を順次行っています。
 また、平成24年10月1日から、新たな基準値が100ベクレル/kg以下とされることや、消費者等の関心も依然として高いことなどから、県営食肉地方卸売市場へ新たに放射性物質測定機器を導入し、平成24年9月から同市場において処理された全ての牛肉の検査(全頭検査)と、その結果公表により、一層の牛肉の安全安心の確保を図っています。
この件に関するお問い合わせは、
畜産課
電話 086-226-7428

岡山県産農産物の放射性物質調査について

 県内においては、震災発生以降の環境放射能のモニタリングで検出された放射性物質は極く微量であり、また、環境放射線の値も過去の平常値の範囲内にあることから、米をはじめ県内で生産された農産物については、安全性が確保されていると考えていますが、消費者の安心感の確保と生産者の不安を解消するため、平成23年に米(玄米)及び果樹、野菜について県独自の調査を実施しています。
この件に関するお問い合わせは、
農産課
電話 086-226-7422

岡山県産水産物の放射性物質調査について

 県内においては、震災発生以降の環境放射能のモニタリングで検出された放射性物質は極く微量であり、また、環境放射線や海水浴場の値も過去の平常値の範囲内にあることから、県産水産物については、安全性が確保されていると考えていますが、消費者の安心感の確保と生産者の不安を解消するため、県独自の調査を実施しています。
この件に関するお問い合わせは、
水産課
電話 086-226-7446

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について

 岡山県では、県の関係機関・農協・市町村等を通じて、肥料等の流通・販売に関わる業者の皆さま、肥料等を生産する業者の皆さま、肥料等を使用する農家の皆さまに、国の通知を周知しています。
この件に関するお問い合わせは、
農産課
電話 086-226-7422

消費者向け情報(全国の状況など)

 消費者向けの全国情報が消費者庁から発表されています。
 詳しくは次のリンクからご覧ください。
この件に関するお問い合わせは、
くらし安全安心課
電話 086-226-7346

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、公聴広報課までお願いします。


トップページ > 組織で探す > 総合政策局 > 公聴広報課 > 岡山県の放射性物質の状況