ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)

福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)

展示・体験・相談コーナーの説明

このコーナーでは、スタッフを配置して、福祉用具の展示・体験・相談を行っています。車いすや補聴器など、日常生活をより快適にする障害者・高齢者向けの福祉用具を多数展示しており、身体の状況に応じた用具を見つけるお手伝いをさせていただきます。

展示している用具は見ていただくだけでなく、体験利用することも可能です。用具の販売は行っていませんが、このコーナーを運営している特定非営利活動法人(NPO)あんしんネットのスタッフにご相談いただければ、購入までのアドバイス等をさせていただくことが可能です。

展示用具の概要(平成30年3月現在)  

展示している用具に関するご相談は、このコーナーを運営しているNPOあんしんネットのスタッフまでお願いします。

  • 障害者向けの用具 約237点
  • 高齢者向けの用具 約190点

NPOあんしんネットに関する情報

NPOあんしんネットは、皆様の快適な生活を応援させていただくよう、様々な分野の会社や専門家が集まった組織です。皆様のご要望、お困りのことをお気軽にご相談ください。皆様のお役に立てる多くの安心サービスを提供し、ご支援をさせていただくよう努力しています。

NPOあんしんネットホームページ

展示・体験用具の一例(紹介する用具は不定期で変わります。)

新展示品の紹介

 【特設コーナーの展示内容が新しくなりました】

   自動寝返り支援ベッド(FB-640) フランスベッド株式会社

   自動寝返り機能で、床ずれ防止、看護・介護負担を軽減!

   利用者の睡眠を妨げない優しい動きを、ぜひ展示場でご覧ください。

寝返りベッド

寝返りベッド左右傾斜

介護ベッド現場写真

      展示品の詳細は、常駐の福祉用具アドバイザーにお尋ねください。介護に関する御案内や御相談も承ります。      

 

障害者向け用具

障害者用車いす

利用される障害者の方の障害の状況に応じて、利用可能なさまざまな車いすを展示しています。また、競技用の車いすも展示していますので、ご覧ください。

 高齢者向け用具

高齢者向け歩行車

Rt.Works(高齢者向け歩行車)

  • 歩行を安全・快適に電動でアシストする。(上り坂でパワーアシスト、下り坂で自動減速など)
  • 操作が簡単ハンドルに手を添えて歩くだけの簡単操作で、各種センサが歩行を安全に導く。
  • ネットワーク機能Gpsとインターネットを利用し、「みまもり機能」や「緊急通知機能」で安心を提供する。

防災グッズ

 防災グッズ  

拡声器やラジオ、懐中電灯など災害時に役立つ防災グッズの展示もしていますので、ご覧いただけます。

その他の情報

1.お知らせ

    ○現在、新しいお知らせの掲載はありません。

                             

2.来場者数(平成29年10月から平成30年3月まで)

(1)総数  3,762人

(2)団体 (1)のうち342人(13団体)

3.来場者アンケートから

       研修や授業の一環で来られた方が、展示品を実際に手に取り、体験された後にいただいたアンケートでの

     御意見の一部を紹介します。

      ・日常生活が困らないためのいろいろなアイディアが込められた物を見せていただき、参考になった。丁寧に説明し

       ていただき、ありがとうございました。(県内・社会人・女性)

      ・今まで見たことのない世界が見れて良かったです。勉強になりました。(兵庫県・大学生・男性)

      ・体験することにより、普段利用者様がどのように感じているか等少し理解できたようです。(県内・介護職員・女性)

 4.来場者からの相談など

 来場され方から、様々なご相談があります。対応する専門相談員が、その方に合ったアドバイスを行っています。

  (例) 家族が高齢になり歩行困難で困っている。

      介護保険の制度がよくわからないので教えてもらいたい。(申請方法、用具の貸与・購入・保険サービス全般など) 

      高齢の方の一人暮らしでの困りごと など    

  

   展示・体験コーナーへの来場者の方からの相談の一部を御紹介しますので、御参考にしてみてください。

      Q:長い時間車椅子に座ることができないため、リクライニングが必要と思い見に来ました。

      A:車椅子で長い時間姿勢保持ができない方は、足が伸ばせてベットのようになるリクライニング車椅子を利用され        

        ます。座っていることが困難な時に、リクライニングするなど、その人にあった機種を選ばれることが大切です。

 

       Q:足が曲がらず、靴下が履けないで困っています。何か良い方法がありますか。

                A:片麻痺の方が片手で靴下を履けるよう、椅子に腰かけて、足を入れて紐を引っ張ると靴下が履ける用具が

                      あります。一度、試してみられてはいかがですか。

 

              Q:車椅子で腰が曲がったまま食事をしていますが、身体が前かがみにならないような方法はないですか。

              A:車椅子のシーティングができるモジュラータイプの車椅子にされて、バックサポートを広げ、前かがみ姿勢になら

                  ないように座面にクッションを活用する方法が考えられます。誤嚥にはお気をつけください。 

                                                              

関連ページ

福祉用具の展示・体験・相談コーナーについて

IT機器展示(障害者ITサポートセンターおかやま)について

交通アクセス

問い合わせ・見学申込み

 


トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)