ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高病原性鳥インフルエンザ

高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザとは

 高病原性鳥インフルエンザとは、鶏などの家きんにかかる家畜の伝染病(法定伝染病)で、急に元気がなくなりばたばたと死んでいく病気です。

原因及び症状

 高病原性鳥インフルエンザは、一部の家きんなどに病原性が高いA型インフルエンザウイルスに感染することにより発症します。

 主な症状として、急に元気がなくなる、とさかなどが紫色になったりして急死します。死亡時の主な特徴として、気温の急激な変化や野生動物に襲われるなど死亡原因がはっきりしたことが見られないのに、一カ所にかたまって死亡します。また、これらの症状がみられずに死亡していくこともあります。詳しい症状等については下記リンク先を参照してください。

  高病原性鳥インフルエンザの症状(動物衛生研究所ホームページ)  

疾病発生状況

   高病原性鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省ホームページ)