ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の果樹 ゆず

 ゆずは、独特の爽やかな香りと果皮の色合いを持った、和食には欠かせないカンキツ類の一つです。 

 津山地域の久米南町は、栽培面積、出荷量ともに県下有数の産地です。
 夏期に青玉、秋~冬期に黄玉の収穫が行われ、岡山市場を中心に出荷されます。
 さらに、久米南町産ゆずを使用したお菓子やジュースなどが数多く商品化され、県内のデパートや地元の直売所等で販売されています。
 普及指導センターでは、講習会や栽培管理情報(ゆず通信)等によって基本技術を徹底し、収量及び品質の向上を図っています。

ゆず

〇栽培地域、面積  : 久米南町、8.6ha
〇出荷時期:青玉 ・・・ 8~9月
        黄玉 ・・・10月下旬~1月
ほ場の様子 ゆず加工品

          ほ場の様子                  直売所で販売している加工品