ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 薮井佑介 SOUND SPACE 光-次世代おかやまアーティスト活動促進事業-

薮井佑介 SOUND SPACE 光-次世代おかやまアーティスト活動促進事業-

 岡山県では、県文化の底上げを図るため、本県ゆかりの若手芸術家を起用した企画展や舞台などを実施し、若手芸術家の活動の機会を創出するとともに、県民が文化に触れ、活動できる場を提供する「次世代おかやまアーティスト活動促進事業」を実施しています。
本事業の1つとして開催する「薮井佑介 SOUND SPACE 光」の概要について、お知らせします。
薮井佑介 SOUND SPACE 光

お知らせ概要

1 概要

 岡山市出身の若手音楽家である薮井佑介氏は、5次元キーボード(※1)やAR楽器(※2)など複数の最先端電子楽器を駆使し、壮大なオーケストラサウンドをひとりで奏でる演奏スタイルを持つ世界にも類がないアーティストです。
 今回は、津山市にある鶴山を考える会が開催している「観月と邦楽の夕べ」と連携して実施します。津山市は、宇田川榕菴など著名な蘭学者を輩出した地であり、江戸時代、日本ではじめて西洋音楽の研究がされていました。そうした歴史をモチーフにした創作曲や中秋の名月にふさわしい東西の名曲などを現代の最先端楽器による圧巻のパフォーマンスで披露します。
(※1)5次元キーボード
   シームレスの鍵盤をたたく、押す、滑らせる、揺らすなどの方法で、ピアノやバイオリン、サックス、琴、尺八などさまざまな楽器の音を表現できる最先端電子楽器
(※2)AR楽器
   宙をたたいて音を奏でることができるなど拡張現実の技術を用いた楽器

2 場所

 津山城 三の丸 つるまる広場(津山市)

3 日時

 令和3年9月21日(火曜日) 18時30分 ~ 20時30分

4 料金

 入場無料

5 主催

 岡山県、鶴山を考える会、エレクトロニック・ミュージック・ラボ実行委員会

6 その他

 荒天による中止もしくは開催場所の変更等は、当日、津山市観光協会のホームページにてご確認ください。

問合せ

エレクトロニック・ミュージック・ラボ実行委員会。
E-mail:electronic.music.lab.2020@gmail.com
TEL:090-5267-0095
 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 薮井佑介 SOUND SPACE 光-次世代おかやまアーティスト活動促進事業-