ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金)の郵送申請窓口が設けられます
2020年の報道発表資料
2019年の報道発表資料
2018年の報道発表資料
2017年の報道発表資料
2016年の報道発表資料
2015年の報道発表資料

生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金)の郵送申請窓口が設けられます

新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金でお悩みの方に、岡山県社会福祉協議会が実施している
生活福祉資金特例貸付のうち、緊急小口資金について、受付窓口の拡充と新型コロナウイルス感染症の感
染予防を図るため、岡山県社会福祉協議会からの業務委託により、4月30日から中国労働金庫が郵送専用
の申請窓口を設けることとなりましたので、お知らせします。

                                                          記
1 特例措置の概要
 (1)緊急小口資金: 緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合の少額の費用
      ○貸付対象:休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持の資金が必要な世帯
                         <休業された方向け>
      ○貸付上限:10万円以内(条件に該当する場合は20万円以内)

 (2)総合支援資金(生活支援費):生活再建までの間に必要な生活資金
      ○貸付対象:収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
                        <失業された方向け>
      ○貸付上限:(二人以上の世帯)月20万円以内・(単身世帯)月15万円以内

2 相談・申請方法(太字部分を4月30日(木曜日)から拡充)  
 緊急小口資金総合支援資金(生活支援費)
相談窓口・個人向け緊急小口資金・総合支援資金
相談コールセンター(厚生労働省)
・市町村社会福祉協議会
・個人向け緊急小口資金・総合支援資金
相談コールセンター(厚生労働省)
・市町村社会福祉協議会
申請窓口
(申請方法)
・中国労働金庫 緊急小口資金貸付書類
請求窓口(広島本店内)(郵送)

・市町村社会福祉協議会(郵送・窓口)
・市町村社会福祉協議会(郵送・窓口)

 

   ※詳細については、別添チラシをご確認ください。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金)の郵送申請窓口が設けられます