ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれのある方等が、住居確保給付金の支給対象となります
2020年の報道発表資料
2019年の報道発表資料
2018年の報道発表資料
2017年の報道発表資料
2016年の報道発表資料
2015年の報道発表資料

休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれのある方等が、住居確保給付金の支給対象となります

離職等により住居を失うおそれのある方等を対象に家賃相当額を支給する住居確保給付金について、

本日から、休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれのある方等も対象となりますので、

お知らせします。

1 住居確保給付金の概要(Bは本日から適用)

 (1)主な給付要件

  ・次のA又はBに該当し、住居を失った又は失うおそれがある

   A 離職・廃業をした日から2年以内

   B やむを得ない休業等により、収入を得る機会が減少

  ・世帯月収は収入基準額以内、かつ、世帯全体の預貯金等は資産基準額以内

○基準額の目安 (単位:万円)
  岡山市倉敷市玉野市その他市町村

収入

基準額

(月額)

単身世帯

2人世帯

3人世帯

12.1

17.4

22.0

11.9

17.2

21.8

11.58

16.5

20.2

10.9

15.2

18.0

資産

基準額

単身世帯

2人世帯

3人世帯

50.4

78.0

100.0

50.4

78.0

100.0

48.6

73.8

94.2

46.8

69.0

84.0

  ・上記の状態になる前に、世帯生計を主として維持

  ・職業訓練受講給付金を受給していない

  ・ハローワークに求職を申し込む

  ・暴力団員ではない

 

 (2)支給家賃額

  原則3ヶ月間支給。世帯月収により支給家賃額は変動。

○支給家賃額  (単位:万円)                                               
  岡山市倉敷市玉野市その他市町村

支給

家賃額

/月

(上限額)

単身世帯

2人世帯

3人世帯

~ 3.7

~ 4.4

~ 4.8

~ 3.5

~ 4.2

~ 4.6

~ 3.48

~ 4.2

~ 4.5

~ 3.1

~ 3.7

~ 4.0

 

 (3)支給方法

  賃貸住宅の賃貸人又は不動産媒介事業者等に県又は市町村が代理納付

 

2 受付開始

  今回の拡充対象については本日受付開始

 

3 相談・受付窓口

 居住市町村の自立相談支援機関(詳細については別添チラシを御確認ください)

 

県内の受付窓口(相談窓口)

詳しくは、お住まいの市町村福祉事務所の自立相談支援機関の相談窓口へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれのある方等が、住居確保給付金の支給対象となります