ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 令和2年度 実用化技術開発事業に係る共同研究の参加企業を募集します!
2020年の報道発表資料
2019年の報道発表資料
2018年の報道発表資料
2017年の報道発表資料
2016年の報道発表資料
2015年の報道発表資料

令和2年度 実用化技術開発事業に係る共同研究の参加企業を募集します!

令和2年度 実用化技術開発事業に係る共同研究の参加企業を募集します!

  工業技術センターでは、企業等における実用化・製品化をめざして、企業等と共同で研究開発を行う「実用化技術開発事業」を実施しております。
  令和2年度は、次の内容により参加企業等の募集を行いますので、お知らせします。

1 募集対象

  実用化研究を行うことができる企業等

2 令和2年度の研究開発課題

(1)地域資源を活用した高付加価値繊維製品の開発
  セルロースナノファイバー(CNF)や薬剤等の繊維への浸透固着技
  術を確立することで、高付加価値な繊維製品の開発を行う。

(2)金属加工製品の環境対応・高機能化を可能とする製造プロセス技術の開発
  金属加工製品のリサイクル性、小型軽量化、耐久性の向上を目的に、
  素材及び製造プロセス技術の開発を行う。

(3)ものづくりの高度化に向けた計測技術の開発
  ものづくりの高度化に向け、直接測定できない必要な情報を周囲の
  複数センサの信号から導くための計測技術の開発を行う。

(4)清酒製造現場における課題解決に向けた研究開発
  清酒製造の各工程における技術力のさらなる向上を目的に、各要素
  技術の科学的検証と特性評価を行い、付加価値の創造に資するため
  の研究開発を行う。

(5)分析・解析技術に基づいた高分子複合材料の開発
  プラスチックなどの高分子材料を高性能、高機能化するため、分析・
  解析技術 の高度化、加工技術や界面制御技術の開発、材料特性を
  適切に評価するための技 術開発などを行う。

3 事業の進め方と費用分担

 ・企業等が当センターから提供された技術シーズを基に、試作品の開発を
  当センターと共同で行う。
 ・必要に応じて企業等の研究者を当センターに受け入れて実施する。
 ・企業等は研究経費の半額を負担する。

4 問合せ・参加申込先

(1)申 込 先 岡山県工業技術センター 研究企画部:西、田口
                  TEL:086-286-9601 FAX:086-286-9630
                  E-mail:kougi-kikaku@pref.okayama.lg.jp

(2)受付期間 令和2年3月23日(月曜日)~4月20日(月曜日)

*応募要領等の詳細は岡山県工業技術センターホームページに掲載しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 令和2年度 実用化技術開発事業に係る共同研究の参加企業を募集します!