ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
おかやまものづくりネットワークトップ お役立ち情報 > 【おかやまものづくりメールニュースNo538】各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について

本文

【おかやまものづくりメールニュースNo538】各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について

 各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について取りまとめましたので、お知らせいたします。

【1】セルロースナノファイバー実用化フォーラム2023inおかやま
   https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2774.html

開催日時

 令和5年2月9日(木曜日)13時30分~16時45分(開場:13時00分)

開催方法

 ハイブリッド開催

  対面(会場:杜の街グレース オフィススクエア3階 ホールD~F)
  オンライン(Zoom)

主催

 岡山県
 公益財団法人岡山県産業振興財団

後援(予定)

 中国経済産業局
 ナノセルロースジャパン(NCJ)

定員

 対面:50名程度
 オンライン:なし

参加費

 無料

プログラム(敬称略)

CNF関連製品・サンプル展示

開会あいさつ&ガイダンス

基調講演

 「化粧品、インク、セラミック…水系添加剤としてのセルロースナノファイバーの実用化事例と最新研究開発状況」
  第一工業製薬株式会社 研究本部 研究カンパニー部 レオクリスタ開発グループ長 後居 洋介 氏

実用化事例発表

 「銀ナノ粒子を担持させたCNFの抗菌・抗ウイルス効果」
  岡山県工業技術センター 応用技術部 食品・繊維科 専門研究員 藤井 英司

 「岡山県産ヒノキから製造したCNF、LCNF、及びCNFを用いた樹脂試作品」
  モリマシナリー株式会社 セルロース開発室 室長 山本 顕弘

 「微生物セルロースナノファイバーの用途展開、及び金沢大学COI-NEXT事業における植物樹脂の開発」
  草野作工株式会社 事業部 事業部長 松島 得雄(JST COI-NEXT(共創の場形成支援プログラム) 金沢大学「共創の場」 プロジェクトマネージャー/特任教授)

CNF関連施策説明

 「CNF関連令和5年度施策説明」
  環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室 主任 坂木 良太

 「NEDOが推進するCNF関連事業のご紹介」
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 材料・ナノテクノロジー部 バイオエコノミー推進室 主査 丸岡 啓子

 「『晴れの国CNF連絡会』の紹介、及び県施策説明」
  岡山県 産業労働部 産業振興課 主幹 三原 和也

CNF関連製品・サンプル展示

 ※各出展者が展示内容についてブースでご説明します。
  オンライン参加の皆様にもライブ配信いたします。

  第一工業製薬株式会社(京都府)
  モリマシナリー株式会社(岡山県赤磐市)
  草野作工株式会社(北海道)
  丸住製紙株式会社(愛媛県)
  岡山県工業技術センター
  岡山県

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2774.html

申込締切

 令和5年2月6日(月曜日)

お問合せ先

 公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内、宮地
 Tel:086-286-9652、Fax:086-286-9676
 E-mail:cnf@opric.or.jp

 

【2】中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2023
   https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2773.html

開催日時

 令和5年2月10日(金曜日)13時10分~16時40分

開催方法

 ハイブリッド開催

  対面(会場:杜の街グレース オフィススクエア3階 ホールD~F)
  オンライン(Zoom)

主催

 岡山県
 公益財団法人岡山県産業振興財団

後援(予定)

 経済産業省中国経済産業局
 経済産業省四国経済産業局
 環境省中国四国地方環境事務所
 香川県
 公益財団法人岡山県環境保全事業団
 一般社団法人中国経済連合会
 一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会
 中国地域産学官連携コンソーシアム

定員

 対面:70名(先着順)
 オンライン:なし

参加費

 無料

プログラム

 ・ガイダンス

 ・基調講演「プラスチックリサイクル・使用量削減に向けたイノベーション、新価値創出に向けた取り組み」
   ライオン株式会社 執行役員・全社環境戦略担当 岡野 知道 氏(プラスチック容器包装リサイクル推進協議会 会長)

 ・ブース展示・名刺交換

   海洋建設株式会社
   セイショク株式会社
   株式会社サーキュラーペット
   株式会社日ノ出化工
   横山製網株式会社
   藤本産業株式会社
   草野作工株式会社・金沢大学COI-NEXT
   プラスチック容器包装リサイクル推進協議会

  ※出展者が展示内容についてブースでご説明します。
    オンライン参加の皆様には会場よりライブ配信いたします。

 ・中国四国地域を中心とした先進的な環境関連の技術・製品&関連施策等のご紹介

   セイショク株式会社(岡山県岡山市)
   萩原工業株式会社(岡山県倉敷市)
   海洋建設株式会社(岡山県倉敷市)
   横山製網株式会社(岡山県瀬戸内市)
   株式会社日ノ出化工(岡山県総社市)
   藤本産業株式会社(香川県高松市)
   株式会社サーキュラーペット(本社:東京都/津山工場建設予定)
   草野作工株式会社/金沢大学CO-NEXT(北海道江別市)
   経済産業省中国経済産業局

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2773.html

申込締切

 令和5年2月6日(月曜日)

お問合せ先

 公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内、保本、大内
 Tel:086-286-9652、Fax:086-286-9676
 E-mail:b-net@optic.or.jp

 

【3】おか自ネット生産技術分科会第4回活動
   「三菱電機株式会社福山製作所 省エネ工場見学会」
   https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2775.html

開催日時

 令和5年2月20日(月曜日)13時30分~17時00分

開催場所

 三菱電機株式会社 福山製作所(福山市緑町1-8)

主催

 岡山県自動車関連企業ネットワーク会議(おか自ネット)生産技術分科会

対象者

 岡山県内自動車関連企業等(おか自ネット会員以外もご参加いただけます)

定員

 20名(先着順)

 ※原則1社2名まで。
  応募多数の際は1社1名とする場合がありますのでご了承ください。

参加費

 無料(現地までの費用は各自ご負担ください。)

行程

 <三菱電機株式会社 福山製作所(現地集合・現地解散)>

   ※参加者には別途、当日の集合場所・注意事項の詳細をご連絡します。

  ・工場概要説明
  ・省エネ推進事例の紹介(カーボンニュートラルに向けた取組の紹介等)
  ・工場・テクニカルホールの見学

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/2775.html

申込締切

 令和5年2月2日(木曜日)17時00分

お問合せ先

 公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:入江、勝野
 Tel:086-286-9651、Fax:086-286-9676
 E-mail:jidousya@optic.or.jp

 

【4】東北大学知の創出センター×東京エレクトロン協働プログラム
   「デジタル×サステナブル社会のデザイン」国際シンポジウム
   「DX×半導体×モノづくりが切り拓く私たちの未来」
   https://www.tfc.tohoku.ac.jp/special/tel2022/events/n002.html

開催日時

 令和5年2月2日(木曜日)13時00分~17時45分
 令和5年2月3日(金曜日)10時00分~17時10分

開催方法

 ハイブリッド開催

  対面(会場:仙台国際センター 大会議室「橘」)
  オンライン(Cisco Webex)

主催

 東北大学研究推進・支援機構 知の創出センター
 東北大学国際集積エレクトロニクスセンター
 東京エレクトロン株式会社

共催

 台北駐日経済文化代表処科学技術部
 社会にインパクトある研究 E-1 心に豊かさを灯す社会の創造~科学技術を適切に組み入れて~(東北大学)

使用言語

 英語/日本語(同時通訳付き)

定員

 対面:100名(先着順)
 オンライン:300名

参加費

 無料

プログラム(敬称略)

<2月2日(木曜日)>

 ・基調講演

  「スピントロニクス省電力半導体による ゲームチェンジと、カーボンニュートラル社会への貢献」
   東北大学 国際集積エレクトロニクスセンター長 遠藤 哲郎

・Session 1:半導体とデジタル技術の活用

  「高性能コンピューティングにおける半導体メモリの位置づけと重要性」(オンライン)
   インテルコーポレーション データーセンター&AIグループ・データープラットフォームス プリンシパル・エンジニア 冨嶋 茂樹

  「半導体市場の展望とTSMCのご紹介」
   TSMCジャパン株式会社 代表取締役社長 小野寺 誠

  「(題未定)」
   トヨタ自動車 先進技術統括部 主査・担当部長 岡島 博司

・Session 2:TEL特別セッション

  「半導体製造プロセスへの情報技術の適用」
   東京エレクトロン株式会社 先端データ企画部 部長 守屋 剛

  「サステナブルな社会の実現に向けて」
   東京エレクトロン株式会社 サステナビリティ統括部 部長 荻野 裕史

<2月3日(金曜日)>

・Session 3:デジタル技術の活用と社会課題解決

  「MAC WARD-An Innovative Negative-pressure Isolation Ward」
   Ching-Chuan Jiang(Vice Superintendent, Fu Jen Catholic University Hospital)

  「Green x Digitalコンソーシアムの見える化WGを通じたScope3 CO2排出量データ交換の産業連携チャレンジ」
   富士通株式会社 サステナビリティ推進本部環境統括部 環境デザイン部 マネージャー 永野 友子

・Session 4:デジタル×サステナブル社会のデザイン

  「TEL協働プログラムの紹介」(オンライン)
   東北大学大学院 文学研究科 教授 直江 清隆

  「デジタル社会を支える資源需要、その光と影」
   東北大学大学院 環境科学研究科 教授 松八重 一代

  「安全に対する人間のポジティブな寄与の重要性-人間とAI技術の互恵的関係の必要性-」
   東北大学大学院 工学研究科 教授 高橋 信

・Session 5:全体討論

  <モデレータ>
   東北大学大学院 環境科学研究科 教授 福島 康裕
  <討論者>
   未定

・Session 6 :ポスターセッション審査および表彰

   ポスターセッション審査
   審査発表

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.tfc.tohoku.ac.jp/special/tel2022/events/n002.html

申込締切

 令和5年1月27日(金曜日)17時00分

お問合せ先

 東北大学研究推進・支援機構 知の創出センター 担当:陳、前田
 E-mail:tfc_webinar2@grp.tohoku.ac.jp