ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
おかやまものづくりネットワークトップ お役立ち情報 > 【おかやまものづくりメールニュースNo469】各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について

【おかやまものづくりメールニュースNo469】各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について

 各種セミナー・シンポジウム等の開催情報について取りまとめましたので、お知らせいたします。

【1】第38回東洋大学工業技術研究所講演会
   「カーボンニュートラル社会実現に向けた最新技術動向と展望」
   https://www.toyo.ac.jp/news/research/labo-center/riit/20220907/

開催日時

 令和4年9月7日(水曜日)~16日(金曜日)

開催方法

 Web配信

主催

 東洋大学工業技術研究所

協賛

 一般社団法人さいしんコラボ産学官
 埼玉縣信用金庫
 東京東信用金庫
 飯能信用金庫
 武蔵野銀行

参加費

 無料

プログラム

<基調講演>

 ・「東洋大学工業技術研究所60周年記念第38回講演会開催に寄せて」

   平瀬 祐子 (東洋大学)

<第1部 産業界の取り組み>

 ・「蓄電池システム活用事例と今後の展望」
   水谷 麻美 氏 (東芝インフラシステムズ株式会社)

 ・「東光高岳のカーボンニュートラルの取り組み」
   今井 伸一 氏 (株式会社東光高岳)

<第2部 官公庁の取り組み>

 ・「カーボンニュートラル実現に向けた電力分野の最新技術動向」
   橋本 潤 氏 (産業技術総合研究所)

 ・「カーボンニュートラル社会実現に向けたマイクログリッドへの期待」
   廣瀬 圭一 氏 (新エネルギー・産業技術総合開発機構)

<第3部 教育機関の取り組み>

 ・「電動モビリティの未来 ~クルマと鉄道の対比から~」
   近藤 圭一郎 氏 (早稲田大学) 

 ・「空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの技術と新制度の概要」
   藤野 義之 (東洋大学)

 ・「カーボンニュートラル社会実現に向けた建築分野の技術動向と展望」
   小瀬 博之 (東洋大学)

 ・「脱炭素先行地域をめぐる最新動向-第1回選考結果をもととした事例研究-」
   中野 雅史 (東洋大学)

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.toyo.ac.jp/news/research/labo-center/riit/20220907/

申込締切

 令和4年9月16日(金曜日)

お問合せ先

 東洋大学工業技術研究所
 E-mail:kougiken@toyo.jp

 

【2】ものづくり技術~材料・サイエンス関連~ 新技術説明会
   https://jst-shingi.smktg.jp/public/seminar/view/3994

開催日時

 令和4年9月13日(火曜日)10時00分~13時55分

開催方法

 オンライン開催

主催

 国立研究開発法人科学技術振興機構
 上智大学
 中央大学
 中京大学
 東洋大学

対象者

 新技術や産学連携に関心のある企業関係者

参加費

 無料

プログラム(敬称略)

<環境>

 「省エネ・省スペース型窒素廃水処理方法」
  東洋大学 理工学部 応用化学科 准教授 井坂 和一

<創薬>

 「肝細胞の造影能を有し胆汁排泄されるX線造影剤」
  上智大学 理工学部 物質生命理工学科 教授 鈴木 由美子

<デバイス・装置>

 「室温で高効率にCO2を吸収可能な薄型シート状Li4SiO4コンポジット」
  中央大学 理工学部 応用化学科 教授 大石 克嘉

<材料>

 「無機セラミックスとの複合による、生分解性高分子の機能化」
  上智大学 理工学部 物質生命理工学科 教授 竹岡 裕子

<計測>

 「折り曲げ性・伸縮性撮像センサと検査応用:ミリ波・THz波から可視光まで」
  中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授 河野 行雄

<医療・福祉>

 「靴裏摩耗状況による歩行走行の運動機能評価技術の紹介」
  中京大学 スポーツ科学部 スポーツ健康科学科 教授 重松 良祐

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://jst-shingi.smktg.jp/public/seminar/view/3994

申込締切

 令和4年9月12日(月曜日)正午

お問合せ先

 国立研究開発法人科学技術振興機構
  産学連携展開部産学連携プロモーショングループ
 E-mail:scett@jst.go.jp

 

【3】計測管理のポイント講座
   「第6回:おさえておきたい校正証明書の基礎知識」
   https://www.jqa.jp/service_list/measure/topics/topics_me_322.html

開催日時

 令和4年9月26日(月曜日)13時30分~14時15分
 令和4年10月28日(金曜日)13時30分~14時15分

 ※各回とも同じ内容です。どちらか1日にご参加ください。

 ※10月28日は9月26日開催分の録画放映を予定しております。

開催方法

 オンライン開催(Zoom)

主催

 一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

対象者

 ・組織において品質保証または品質管理をご担当されている方
 ・校正証明書に触れる機会がある方
 ・計量トレーサビリティに関心のある方 等

定員

 500名

 ※定員に達し次第、申し込み受付を終了いたします。

 ※できるだけ多くのお客さまにご視聴いただくため、同一組織や同一部署から複数名でご参加の場合には、プロジェクタ投影等でのご受講にご協力をお願いいたします。

参加費

 無料

内容(予定)

 ・「校正」と「計量トレーサビリティ」
 ・校正証明書の解説
 ・校正証明書の活用

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.jqa.jp/service_list/measure/topics/topics_me_322.html

お問合せ先

 一般財団法人日本品質保証機構 JQA計測セミナー事務局
 Tel:042-641-6979
 E-mail:keisoku-seminar@jqa.jp

 

【4】「自動車産業で選ばれる存在になる!
    IATF 16949規格入門及び計測器校正の基礎知識セミナー」
   https://www.jqa.jp/service_list/management/topics/topics_ms_380.html

開催日時

 令和4年10月7日(金曜日)13時30分~16時30分(13時00分開場)

開催方法

 ハイブリッド開催

  対面(会場:テクノプラザおかや IT支援室)
  オンライン(Zoom)

主催

 一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

対象者

 ・IATF 16949認証取得検討中の企業様
 ・自動車産業への新規参入を検討している企業様
 ・IATF 16949規格を活用し自社の品質改善につなげたいとお考えの企業様
 ・計測器校正管理について学びたい企業様

定員

 対面:20名
 オンライン:100名

 ※お申し込みは1社2名までとさせていただきます。

 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

参加費

 無料

プログラム

<第1部>

 「自動車産業で選ばれる存在になる!IATF 16949規格入門セミナー」

  ・自動車産業の品質マネジメントシステム
  ・IATF 16949 認証取得に向けたルール
  ・IATF 16949 要求事項のポイント
  ・認証までのステップ

<第2部>

 「自動車業界で求められる計測器校正と校正証明書の活用事例」

  ・計測器校正の必要性について
  ・一般校正と認定校正の違い
  ・認定校正とは(JCSS、A2LA、ISO/IEC 17025)
  ・校正証明書の活用方法
  ・校正対象品目のご紹介

<第3部>

 個別相談会

申込方法

 下記URLをご覧ください。

  https://www.jqa.jp/service_list/management/topics/topics_ms_380.html

お問合せ先

 一般財団法人日本品質保証機構 マネジメントシステム部門
  カスタマーリレーション部 カスタマーソリューション課
 Tel:03-4560-5710、Fax:03-4560-5760
 E-mail:ms-suishin@jqa.jp