ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ミクロものづくり岡山トップ 情報発信 > メールニュース一覧 > ミクロメールニュースNo464 ミクロものづくり大学「ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術-」(第2回)開催のご案内

ミクロメールニュースNo464 ミクロものづくり大学「ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術-」(第2回)開催のご案内

ミクロものづくり大学 『 ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 』(第2回)

岡山県では、「ミクロものづくり大学」として標記講習会を開催しますのでお知らせします。
お申し込みは、下記【申込方法】により、申込先あてへお送りくださるようお願いいたします

開催要領 

ミクロものづくり大学 『 ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 』(第2回)のご案内

 岡山県では、産学官の連携事業「ミクロものづくり岡山創成事業」の一環として、「ミクロものづくり大学」と銘打ち、講習会等を開催しております。この度、中国ゴム技術研究会との共催により、ゴム技術講習会(第2回)を開催しますのでご案内いたします。
 ゴム製品のものづくりに役立つ情報として、寺子屋 代表 萩本 光広 氏から『ゴム製品開発におけるCAEの効率的活用方法と根本的製造過程からの課題』と題してご講演いただきます。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時

 令和2年9月10日(木曜日) 13時00分 ~16時00分

場所

 テクノサポート岡山 1F 大会議室(岡山県岡山市北区芳賀5301)

演題

  『ゴム製品開発におけるCAEの効率的活用方法と根本的製造過程からの課題』

   講師 寺子屋 代表 萩本 光広 氏

   概要 

(1) ゴムの基本特性を理解することでFEM解析精度が格段に向上します。基本式である応力=ひずみ×ヤング率が必ずしも成り立たないことなど、落とし穴もあります。製造工程も解析結果に影響します。

(2) 品質管理、信頼性確認試験における失敗事例についても興味深い失敗事例を中心に解析を交えて説明します。

(3) 開発におけるCADや解析、結果処理、リバースエンジニアリングの省力化、自動化による工数削減を自ら行えるヒントを紹介します。

      (講演内容は一部変更となる可能性がございます。)

参加費

 無料

申込方法

 9月3日(木曜日)までに (1)セミナー開催日、(2)参加者氏名、(3)企業名、(4)所在地、(5)ご役職、(6)電話番号をご明記の上、E-mailにより、下記までお申し込みください。
 なお、期日前に締め切る場合がございます。予めご了承ください。

【講習会申込み・問い合わせ先】

 E-mail:masashi_urabe@pref.okayama.lg.jp

 担当:岡山県工業技術センター 技術支援科 浦部 匡史

 (電話:086-286-9600)

【重要なお知らせ】

<新型コロナウイルス感染症対策について>
  1. 参加当日に感染の疑いがある症状がある方は入場できません。
  2. 参加者数を最大収容人数の半数以下に制限していますので、超えた場合には申込者の多い企業に人数調整をお願いすることがあります。
  3. 必ずマスクを着用していただき、手洗いの励行や参加者間の距離確保等に努めてください。
  4. 今後の状況により特定地域からの参加をお断りする場合や、悪天候等による中止の場合もありますので、ご来場前には、最新情報を岡山県工業技術センターWebサイト等でご確認いただきますようお願いいたします。
<駐車場について>

  駐車可能台数には限りがありますので、公共交通機関のご利用や相乗りでお越しいただくなどのご協力をお願いいたします。