ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コーディネーターのつぶやきNo20

2019国際ロボット展

 先週、東京国際ロボット展の技術調査に行ってきました。今回はビッグサイトと、遠く離れた青海ホールの2か所が展示会場で、どちらも大勢の来場者で混雑していました。その為、今回はテーマを絞りサービスロボットを中心に調査をしてきました。
 まずパワーアシストスーツに於いては、従来のモーター駆動の動力型から、伸縮材や人工筋を利用した無動力型が多く展示されており、主流になりそうです。
 次に、癒し系ロボットの展示品の中に、ロボットの表面を弾性体で被って機械らしさを消し、生き物らしく感じさせるロボットが展示されていました。癒し系ロボットには、視覚や聴覚の利用に加え、触覚も配慮した製品が要求されているようです。

パワーアシストスーツ展示ブース
  [パワーアシストスーツ展示ブース]