ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

設備機器のご紹介

設備機器のご紹介

岡山県工業技術センター保有している設備機器についてご紹介します。

測る

電磁波関連測定設備

電磁波に関する実験を行う電波暗室(電子機器から漏れる電磁波測定及び電子機器の外部からの電波に対する耐性試験設備)並びにパルス性ノイズに対する耐性試験設備についてご紹介します。

音響関連設備

機器の騒音評価、解析や防音材料の性能評価を行う無響室(機器から発生する音の測定)、残響室(材料の吸音特性評価)及び各種音響関係測定装置についてご紹介します。

熱関連測定装置

様々な電子機器の熱設計に活用できる、熱流体解析システム、サーモグラフィ、2次元PIVシステムについてご紹介します。

非接触輪郭形状測定機

レーザを用いて、測定物の任意の一断面の形状データを非接触で高精度に取得し、解析や真円度評価を行う装置です。

試す

万能材料試験機

繊維、プラスチック、ゴム、金属など、様々な材料サンプルの強度特性(引張強さ、曲げ強さ、圧縮強さ等)を測定する装置です。

疲労耐久試験機

プラスチック、ゴム、複合材料など、様々な材料サンプルの耐久特性を評価する装置です。

強度解析ソフト

工業製品を設計する際に用いるソフトで、製品に外部から力が加わった際の、製品に生じる応力を計算し、強度を解析することができます。

振動解析システム・振動試験機

試験対象物の様々な箇所で生じる振動を測定できる振動解析システムと、製品の振動耐久性を検証できる振動試験機についてご紹介します。

視る

走査型電子顕微鏡

有機・無機材料、金属など、様々な材料表面の凸凹や形態を観察する装置です。

X線マイクロアナライザー

電界放出型電子銃により発生した電子線を金属・セラミックスなどの試料に走査させ、試料の表面や断面の微小領域の元素分析や観察を行う装置です。

高速度カメラ

目視では確認できない速度で変化する現象を動画撮影できる装置で、スロー再生により、物の動きを正確に観察することができます。

調べる

全有機体炭素計

試料水に含まれる全有機体炭素濃度を測定する装置です。

アミノ酸分析計

食品や人の血液・尿などの体液に含まれるアミノ酸、タンパク質の構成アミノ酸等を分析する装置です。

粒度分布測定装置

粒子径が0.01~3000μmの粉体の粒度分布を測定する装置です。

ナノ粒子解析装置

粒子径が0.6nm~6μmの粒子サイズを測定する装置です。粒子のゼータ電位やタンパ
ク質の分子量も測定できます。

赤外分光分析装置

試料に赤外線を照射し、定性分析を行う装置です。プラスチック、食品など少量の有機物系サンプルによる大気中での短時間測定が可能です。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

物質にX線を照射した際に発生する蛍光X線を分析することにより、元素分析を行う装置です。主に金属、無機物などの定性分析に利用され、少量のサンプルによる大気中での短時間測定が可能です。