ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
岡山県立博物館 展覧会 > 年間スケジュール > 特別展 備前のある場所-取り合わせの魅力- 令和2年2月14日~3月31日

特別展 備前のある場所-取り合わせの魅力- 令和2年2月14日~3月31日

印刷用ページを表示する2020年2月10日更新県立博物館

備前焼の画像

 800年以上にもわたり生産が続いてきた備前焼。近年は鑑賞の対象として、美術館などで紹介されることも増えています。備前焼が鑑賞の対象となったきっかけは「茶の湯」の流行でした。茶室という環境のもと、様々な道具との取り合わせの中で、その魅力は見いだされてきました。
 このたびの展覧会では、千利休、古田織部、小堀遠州らが活躍した時代の備前焼を、桃山茶陶をはじめとする茶道具の優品と取り合わせて展示を行い、当時の茶会記や現代の茶人の見解とともに紹介します。

チラシデータはこちら [PDFファイル]

出品目録はこちら [PDFファイル/183KB]

 

会期等

会期

令和2年2月14日(金曜日)~3月31日(火曜日)

休館日

2月17日(月曜日)、25日(火曜日)、3月9日(月曜日)、16日(月曜日)、23日(月曜日)

開館時間

午前9時30分~午後5時

※開会初日の2月14日のみ午前10時開館

入館料

一般450円、65歳以上220円、高校生以下無料

 

 

関連行事

記念講演

「茶道具のかたちともよう -桃山のファッション-」

日時

令和2年3月1日(日曜日)

午後1時30分~午後3時

講師

梶山 博史 氏 (中之島香雪美術館学芸課長)

会場

岡山県立博物館 講堂

定員

120名(先着順・事前申込不要・聴講無料)

 

 

茶会

第1回

日時

令和2年2月16日(日曜日)

午前10時~午後4時

企画

備前楽茶

 

 

第2回

日時

令和2年3月15日(日曜日)

午前10時~午後4時

企画

一般社団法人茶道裏千家淡交会岡山支部

 

茶会への参加について

いずれの日程も先着順、用意がなくなり次第終了となります。

事前申込、参加のための準備等は不要。

参加費500円

 

 

学芸員による展示解説

日時

毎週土曜日  午後2時~午後3時

その他

事前申込不要、参加無料(入館料は必要)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)