ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
アートプロジェクトおかやまトップ 企画展情報 > 美術館 > 金孝妍「息する瞳 -Breasphere-」/クボタケシ「RIOT」(1/5~3/21)高梁市成羽美術館

金孝妍「息する瞳 -Breasphere-」/クボタケシ「RIOT」(1/5~3/21)高梁市成羽美術館

 岡山県ゆかりの若手アーティストである金孝妍、クボタケシによる個展を同時開催する。
 金は絵画を“痕跡”として捉え、制作を続けている。水分を含んだ顔料などの材料を用い、重力によって流れていく様を「図」とした作品は、一見すると偶発的な“線”の集合体であるが、なぜかそこには郷愁めいた東洋的美しさを感じることができる。本展では“成羽”に着目した作品を主軸とし、この土地ならではの展示を行う。
 クボは兵庫県在住の石彫家。トラバーチンなどの石素材の個性を最大限生かした作品群を展示する。また、2020年に奈義町にて滞在制作(アーティスト・イン・レジデンス)を行った際、新見市の足立石灰工業株式会社より石灰石の魅力を広めたいと相談を受けており、本展では企業から提供された石灰石で制作した新作彫刻もあわせて展示する。
 そして、作家仲間である金と、いつか実現したいと温めていた「星が生れる前の星に」と題した2人のコラボレーション空間もみどころである。

 無機質なコンクリート建築である高梁市成羽美術館で、現代を生きる若手アーティストが「絵画」そして「彫刻」の在り方を問う。

開催情報

■期間 令和4年1月5日(水曜日)から3月21日(月曜日・祝日)

  ※休館日:毎週月曜日(ただし、1月10日、3月21日は開館し、翌日休館。)

■場所 高梁市成羽美術館

■時間 9時30分から17時(入館は16時30分まで)

■料金 
 観覧無料(2階展示室の所蔵品展を見るには別途料金が必要です。)

■関連イベント
・作家によるギャラリートーク ※参加申込不要
【日時】1月5日(水曜日) 13時00分~14時00分
【場所】美術館1階 展覧会場
 
・能勢伊勢雄×ハナムラチカヒロ ロング対談 ※参加申込不要
【日時】1月15日(土曜日) 10時00分~16時00分
【場所】美術館1階「静水の庭」前ロビー

・見て!話して!アートと触れ合おう ※要予約
【日時】2月19日(土曜日) 13時30分~15時00分
【場所】美術館1階 展覧会場
【定員】20名程度
【ナビゲーター】花房紗也香(画家)

・ミュージアムコンサート ※参加申込不要
 多言語で歌うシンガーソングライターEMILUのフォーク、ポップス、ブルースなどを織り交ぜた音楽をお楽しみください。
【日時】3月19日(土曜日) 14時00分~15時30分
【場所】展覧会場
【出演】EMILU エミル-


★そのほか、会期中にゲリライベントあり★
 Twitterの公式アカウント(@nariwamuseum)にて随時お知らせいたします。

高梁市成羽美術館

 

スタイリッシュな安藤建築と自然の調和する美術館でアートを楽しんで

高梁市成羽美術館は高梁市が生んだ洋画家・児島虎次郎の遺徳を顕彰するために開館しました。児島虎次郎をはじめ近代の洋画家の油彩画作品や、児島が外遊中に収集したオリエントコレクションを所蔵。また、化石展示室には成羽地域で産出した約2億年前の植物化石を常設展示しています。

成羽美術館

Tel:0866-42-4455

〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原1068-3

https://nariwa-museum.or.jp/

施設情報

 
開館時間

9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)

年末年始

展示替え期間中

料金

一般 500円、高校・大学生 300円、小・中学生 200円

※特別展会期中は料金が異なります。

アクセス

JR伯備線 備中高梁駅から

 ・備北バス 成羽方面「成羽」下車すぐ

岡山自動車道

 ・賀陽ICから車で約30分

岡山空港から車で約60分

駐車場

30台(無料)、障がい者用3台

その他

ミュージアムショップあり
カフェスペースあり