ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
アートプロジェクトおかやまトップ 企画展情報 > 美術館 > 猪風来の描く 北のくらしと精霊たち展(3/1~5/30)猪風来美術館

猪風来の描く 北のくらしと精霊たち展(3/1~5/30)猪風来美術館

 北海道アイヌモシリに暮らした20年、大自然の懐に抱かれて縄文の心を求め、縄文芸術の道を探求した日々を描いた猪風来の絵画展。真っ白な雪に覆われた極寒の冬、分厚い雪の下にある大地は 生命をはらんでゆっくりと育み、雪解けの春を待って一気に放出する。山野や川に生きる動物や虫たち、繁る草木は原生の息吹そのままに、豊かな生命を爆発させる。そして巡る季節の森羅万象の中に現れる精霊たち。あらゆる生き物たちと同じ目線をもつ縄文視座から描き出す 北のくらしの絵日記のような絵画です。
 自然の恵みをいただきながら 自給自足でくらしたその日々の中で生まれた ゲンヤがいる風景、大自然の一部として生きる生きものや人、精霊たちが交歓するなつかしい風景が鮮やかに蘇る。1990年から数年間に描かれた 猪風来珠玉の作品たち。どうぞご高覧ください。

開催情報

■期間 2021年3月2日(火曜日)から2021年5月30日(日曜日)
    ※休館日:月曜日
        (祝日の場合は開館、翌日休館)

■場所 猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)

■時間 9時30分から17時

■料金 一般    400円
    高校生   200円
    中学生以下  無料

猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)

 

縄文スパイラルー生命と魂のデザイン

猪風来美術館は現代縄文アートの世界唯一の美術館です。縄文造形の第一人者猪風来による代表作や新進作家村上原野らの縄文スパイラル作品など200点以上を常設展示。作品を通して、この天地の自然や大宇宙に感応し響き合う力強い生命のエネルギーを感じることでしょう。また 古くから地元に伝わる法曽焼も復活、新縄文法曽陶作品も展示しています。

猪風来美術館

Tel:0867-75-2444

〒719-2552 岡山県新見市法曽609

http://www.ifurai.jp/

施設情報

 
開館時間

9時30分~17時00分

休館日

3月~11月:月曜日(祝休日の場合は翌日)

12月~2月:月・火曜日(祝休日の場合は翌日)

年末年始(12月27日から1月4日まで)

料金

一般 400円

高校生 200円

中学生以下 無料

アクセス

JR伯備線 方谷駅から

・タクシーで 約15分

中国自動車道

・新見ICから車で約30分

岡山自動車道

・賀陽ICから車で約45分

駐車場あり(無料)
その他

春と秋の年2回「縄文野焼き祭り」を開催。

陶芸教室では、縄文の心と技を学ぶ「縄文野焼きコース」と地元粘土を使用した「法曽焼コース」があります。