ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
アートプロジェクトおかやまトップ 企画展情報 > 美術館 > 令和を想う~現代日本画家が描く万葉のこころ(9/19~11/23)新見美術館

令和を想う~現代日本画家が描く万葉のこころ(9/19~11/23)新見美術館

光格天皇以来200年ぶりといわれる譲位 により、30年余り続いた平成に変わり、昨年5月1日令和時代が幕を開けました。 新元号「令和」の典拠は『万葉集』。これを 機会に『万葉集』に対する関心が高まってい ます。
『万葉集』は、5世紀から8世紀にかけて 詠まれた4,500余首を収めたわが国最古の歌集で、日本人の心の古典、言葉の文化遺産 といえます。その編纂に深くかかわったのが 豪族・大伴家持とされており、「令和」の出典 でもある「万葉集 梅花の歌32首」の作者・旅人は家持の父親です。
 本展は、美術館開館30周年を記念した 特別展の第3弾として、奈良県立万葉文化館協力のもと開催するもので、万葉のふるさと飛鳥の地に根ざす同館所蔵の万葉歌を題材に描いた秀麗な現代日本画の中から、新見市ゆかり の日本画家を中心に40点を精選し紹介します。

開催情報

■期間 令和2年9月19日(土曜日)~11月23日(月曜日・祝日)

   ※休館日:毎週月曜日
        ただし、9月21日及び11月23日は開館

■場所 新見美術館

■時間 9時30分から17時(入館は16時30分まで)

■料金 一般    800円
    大学生   500円
    中・高校生 300円
    小学生   200円

新見美術館

 

子どもから大人まで楽しめる天空の美術館

中世新見庄名主屋敷跡に建つ美術館の外観は、中世風のイメージを表すために、入母屋・銅板葺きの屋根と、外観に石を使い、この地方の風土と歴史を盛り込んでいます。現在は、文人画家・富岡鉄斎をはじめ、大観、栖鳳から平山郁夫、田淵俊夫、平松礼二ら近現代の日本画など約1,100点を収蔵しています。

新見美術館

Tel:0867-72-7851

〒718-0017 新見市西方361

https://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/

施設情報

 
開館時間

9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

原則月曜日
  (但し、展覧会によって会期中無休や振替休館日のない場合があります。)

年末年始(12月27日~1月4日)

展示替え期間中

料金

各展覧会ごとに異なる

アクセス

JR伯備線 新見駅より

・徒歩約10分

中国自動車道

・新見ICから車で約7分

駐車場

約30台(無料)、大型バス2台

その他

カフェスペースあり。

喫茶・休憩室からの新見市街地の風景は最高です。