ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
アートプロジェクトおかやまトップ 企画展情報 > 美術館 > すべてみせます 鉄斎コレクション大公開!(2/1~4/5)新見美術館

すべてみせます 鉄斎コレクション大公開!(2/1~4/5)新見美術館

富岡鉄斎(1836-1924)は、幕末・明治・大正の三代に生きたわが国最後の文人画家で、現代においても清新で、国際的にも高く評価されています。
 本展覧会では、新見美術館開館30周年を記念し、購入や寄贈により充実した鉄斎コレクションの全てを紹介します。

開催情報

■期間 令和2年2月1日(土曜日)~4月5日(日曜日)

■場所 新見美術館

■時間 9時30分から17時(入館は16時30分まで)

■料金 一般    500円
    大学生   400円
    中・高校生 250円
    小学生   150円

会期中のイベント

ワークショップ「ひな人形を作ろう!」【要申込・先着順】

 日時:2月29日(土曜日)9時30分から(3時間程度)
 指導:ひな人形の喜峯
 会場:1階 市民ギャラリー
 対象:小学生親子から一般の方まで
 定員:20名
 会費:1,000円(材料費)
 申込:新見美術館までお電話かFAX、又はメールにてお申込みください。

掛軸の取り扱い方・桐箱紐の結び方教室【先着順申込不要・参加費無料】

 日時:3月21日(土曜日)11時から(60分程度)
 講師:当館学芸員
 会場:1階 市民ギャラリー
 定員:10名程度

当館学芸員による展示解説【申込不要・参加費無料 】

 日時:3月1日(日曜日)・3月22日(日曜日)
     各回14時から(60分程度)
 ※参加は無料ですが、観覧料は必要です。

新見美術館

 

子どもから大人まで楽しめる天空の美術館

中世新見庄名主屋敷跡に建つ美術館の外観は、中世風のイメージを表すために、入母屋・銅板葺きの屋根と、外観に石を使い、この地方の風土と歴史を盛り込んでいます。現在は、文人画家・富岡鉄斎をはじめ、大観、栖鳳から平山郁夫、田淵俊夫、平松礼二ら近現代の日本画など約1,100点を収蔵しています。

新見美術館

Tel:0867-72-7851

〒718-0017 新見市西方361

https://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/

施設情報

 
開館時間

9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

原則月曜日
  (但し、展覧会によって会期中無休や振替休館日のない場合があります。)

年末年始(12月27日~1月4日)

展示替え期間中

料金

各展覧会ごとに異なる

アクセス

JR伯備線 新見駅より

・徒歩約10分

中国自動車道

・新見ICから車で約7分

駐車場

約30台(無料)、大型バス2台

その他

カフェスペースあり。

喫茶・休憩室からの新見市街地の風景は最高です。