ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
アートプロジェクトおかやまトップ 企画展情報 > 美術館 > 児島虎次郎 -もうひとつの眼(4/4~8/23)高梁市成羽美術館

児島虎次郎 -もうひとつの眼(4/4~8/23)高梁市成羽美術館

高梁市成羽美術館が顕彰する洋画家 児島虎次郎が撮影した写真展を開催します。
虎次郎は20世紀初頭、絵画修行のためヨーロッパに留学します。約5年間フランスやベルギーを中心に滞在、その後も2度にわたり渡欧しヨーロッパ各地からエジプトまで足を延ばしています。虎次郎はその間、各地の風物や交流のあった人々を写真に収めており、それは今日まで遺族によって保管されてきました。これらの写真は、約100年の歳月を経て今では大変貴重な資料となっています。
本展覧会では、写真約100点に加えて虎次郎が送った絵はがきや関連のある絵画作品などを一堂に展示し、画家 児島虎次郎のもうひとつの眼-カメラを通したまなざしを顕彰します。

開催情報

■期間 2020年4月4日(土曜日)-8月23日(日曜日)

■場所 高梁市成羽美術館

■時間 9時30分から17時(入館は16時30分まで)

■料金 一般 1,000円
    高校生・大学生 800円
    小・中学生   500円
    ※高梁市在住の小・中学生は、無料

■割引 ※いずれも受付にてお申し出ください。
    ・自慢のカメラ割
     愛用のカメラ持参で2割引
     ※スマートフォンを除く
    ・モノトーンコーデ割
     無彩色(白黒グレー)で統一したコー ディネートでお越しの方は2割引
     ※靴、バッグ等の小物は除く

●本展覧会は写真撮影が可能です。※フラッシュ撮影、三脚の使用はご遠慮ください。

高梁市成羽美術館

 

スタイリッシュな安藤建築と自然の調和する美術館でアートを楽しんで

高梁市成羽美術館は高梁市が生んだ洋画家・児島虎次郎の遺徳を顕彰するために開館しました。児島虎次郎をはじめ近代の洋画家の油彩画作品や、児島が外遊中に収集したオリエントコレクションを所蔵。また、化石展示室には成羽地域で産出した約2億年前の植物化石を常設展示しています。

成羽美術館

Tel:0866-42-4455

〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原1068-3

https://nariwa-museum.or.jp/

施設情報

 
開館時間

9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)

年末年始

展示替え期間中

料金

一般 500円、高校・大学生 300円、小・中学生 200円

※特別展会期中は料金が異なります。

アクセス

JR伯備線 備中高梁駅から

 ・備北バス 成羽方面「成羽」下車すぐ

岡山自動車道

 ・賀陽ICから車で約30分

岡山空港から車で約60分

駐車場

30台(無料)、障がい者用3台

その他

ミュージアムショップあり
カフェスペースあり