ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 高温・少雨に対する農作物等の技術対策について

高温・少雨に対する農作物等の技術対策について

 梅雨明け(7月30日)以降、気温が高く降水量の少ない状態が続いています。また、8月13日に広島気象台発表の「中国地方 1か月予報」でも、向こう1か月の平均気温は高い確率が80%、降水量は平年並または少ない確率ともに40%、日照時間は多い確率が50%と予報され、同日に広島気象台発表の「早期天候情報」では、今後も向こう2週間程度は高温が続くことが予想されています。
 つきましては、今後の気象情報に十分注意するとともに、次の対策を参考に地域の実態に応じた技術対策をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 高温・少雨に対する農作物等の技術対策について