ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 腸管出血性大腸菌感染症注意報が発令されました

腸管出血性大腸菌感染症注意報が発令されました

 岡山県において、令和4年7月19日、「腸管出血性大腸菌感染症注意報」が発令されました。
腸管出血性大腸菌感染症の発生が増加しており、今後もこの傾向が続く可能性があることから、県では、「腸管出血性大腸菌感染症注意報」を県下全域に発令し、県民への注意喚起を図ることとしました。
 調理前、食事前、用便後の手洗い、食品の十分な加熱調理、食品の冷蔵庫での保管など予防に努めましょう。また、気になる症状がある時は、医師の診断を受けましょう。
 感染予防に御留意いただきますよう、お願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 教育委員会 腸管出血性大腸菌感染症注意報が発令されました