ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 県立学校における教育活動再開に当たっての対応

報道発表資料(教育委員会)

公立学校一覧

市町村教育委員会一覧

教育長バナー

教育委員会
県立学校入試・転入学
教員免許状・採用情報
授業料・奨学金
申請・手続
家庭・地域の皆さま向け資料
教職員向け資料
各種計画・プラン
各種審議会・会議
学校一覧・調査・統計
相談窓口

県立学校における教育活動再開に当たっての対応

県立学校における教育活動再開に当たっての対応

1 登下校時間における混雑の緩和

・電車を使って通学する生徒が多い高等学校等について、通学時の混雑を避けるため、始業時間を遅らせて授業を開始する。

・特別支援学校のスクールバスのうち、児童生徒の密度の高いものについては、台数を増やし、密集状態を緩和する。

2 衛生環境の確保

(1)検温等の健康観察

・児童生徒は、登校前に必ず検温し、発熱(37.5度以上)や咳等の風邪の症状 がある場合には、登校を控え自宅で様子を見る。

・教職員は、全ての児童生徒の検温結果を登校時に確認するとともに、登校後に発 熱や咳等の風邪の症状がある場合には、帰宅させる。

(2)消毒の実施

・始業前などに、特に多くの児童生徒が手を触れる箇所の消毒を行う。

(3)マスクの着用

・児童生徒に対して、咳エチケットを徹底し、飛沫による感染リスクを最小限に抑えるため、校内でマスクを着用するよう指導する。

(4)手洗いの実施

・休憩時間等には、手洗いを励行する。

(5)教室等の換気

 ・休憩時間等には、その都度、全ての窓を開けて換気を行う。

3 行事等への対応

(1)始業式等

・式典や集会は、教室等での放送による実施に変更するなど、多くの人数が一堂に 会する状況を避ける。

(2)入学式

・卒業式に準じて必要最小限の時間・人数で実施する。

(3)年度当初(4・5月)の宿泊を伴う行事等

・中止又は延期を検討する。

4 部活動

・屋外や屋内であってもドアや窓を広く開けるなど、十分に換気できる環境で実施 する。

・密集せず距離を取って行うことができる活動に替えるなどの工夫を行った上で 実施する。

・合宿や対外試合等は当面行わない。

5 給食

・給食については、配食時の服装や手洗い、食事の際の机の向きなど、衛生的な環 境の確保に十分留意して実施する。

6 再度の臨時休業を行う場合

・「児童生徒1名が感染した場合は学級を臨時休業」、「複数の児童生徒が感染した 場合は学校を臨時休業」等の対応を目安とし、個別の状況に応じて関係部局と協 議の上、臨時休業の実施の有無、規模及び期間等について教育委員会が判断する。

・地域で多数の感染者が発生した場合の臨時休業については、関係部局と十分に協 議の上で教育委員会が判断する。


トップページ 教育委員会 県立学校における教育活動再開に当たっての対応