ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 新型コロナウイルス感染症対策に関する県立学校の対応について

報道発表資料(教育委員会)

公立学校一覧

市町村教育委員会一覧

教育長バナー

教育委員会
県立学校入試・転入学
教員免許状・採用情報
授業料・奨学金
申請・手続
家庭・地域の皆さま向け資料
教職員向け資料
各種計画・プラン
各種審議会・会議
学校一覧・調査・統計
相談窓口

新型コロナウイルス感染症対策に関する県立学校の対応について

・原則3月2日(月曜日)から春季休業の開始日までの間、全ての県立学校を臨時休業とすること。

・3月2日からの休業が難しい学校においても、可能な限り早期に休業に入るよう最大限努力すること。

・卒業式・入試等の対応については、2日以降であっても必要な場合もあるため、集める人数や時間を必要最小限にとどめながら、実施すること。

・3月2日以降、やむを得ず、登校させる場合にあっては、可能な限り、必要最小限の人数・時間になるよう努めること。

・特別支援学校については、学年末休業の開始まで、やむを得ず、福祉サービスの人員確保の問題等で児童生徒等の居場所を確保できない場合、学校において児童生徒等を預かる対応をとること。

・休業に入る前に、児童生徒や保護者に確実に連絡が取れるよう、連絡手段の確認を行うこと。

・児童生徒に対しては、今回の措置は、健康・安全に関わる重大かつ緊急な措置であることを十分に理解させ、外出時の新型コロナウイルスへの感染リスクが急速に高まりつつあることから、不要不急の外出を避け、自宅で過ごすよう指導すること。

 


トップページ 教育委員会 新型コロナウイルス感染症対策に関する県立学校の対応について