岡山市中心部をめぐる

ぷらり路面電車の旅

おかでん1日乗車券でゆく、
わくわく楽しい路面電車の旅。

岡山の電車といえば、やっぱり路面電車。1912年(明治45年)から運行している岡山の顔だ。でも、乗ったことがない…という人を代表して、プチ電車の旅に行ってきた! 1日乗車券を買い、「岡山駅前」電停に向かうと、ラッキーなことにちょうど『たま電車』が来たところ。和歌山電鉄(貴志川線貴志駅)のたま駅長が35匹もデザインされた人気の車両だ。シートまでミケ猫模様で、猫好きにはたまらない!あっという間に到着した「城下」電停は、美術館や音楽ホールなど数多くの施設が集まるカルチャーゾーン。路地裏のカフェや雑貨店など、隠れ家的な店めぐりも楽しい。お次の「県庁通り」電停では、壮麗な大正時代の建造物『ルネスホール』に行ってみた。ここは、日本銀行の岡山支店だった建物で、現在は多目的ホールに生まれ変わっている。館内の『公文庫カフェ』は写真や書籍も楽しめるギャラリーカフェ。せっかくなので、こちらでお茶をいただいた。次は「西大寺町」電停へ。アーケードの商店街で買い物を楽しんだり、「門田屋敷」電停で『東湖園』の見事な庭園に驚いたり…。新しい発見がいっぱいだった路面電車の旅。詳しくはどうぞ、自分の目で確かめて。

1日乗車券

400円(小人200円)で、全区間が1日乗り放題になる、お得な乗車券。
「夢二郷土美術館」をはじめ、全8施設が割引になる特典もある。

岡山電気軌道株式会社 電車営業部 TEL_086-272-1811

路線図

MAP:P46_C-4