見出し


半世紀も受け継がれた庶民の味。
ボーダー
   
 
やきそば
ソース焼きそばとはひと味違う、みそダレの優しい味わいに感動!
若鶏を使った店や新メニュー「よるぜん焼そば」も要チェックです。
    ひるぜん焼そば
約50年前、「ますや食堂」から始まった「ひるぜん焼そば」は、深みのあるみそダレと、かめばかむほどうまい親鳥のかしわ肉、高原の甘いキャベツが麺に絡む、絶妙の味わいと食感が自慢。さらにみその焼ける匂いがまた、食欲をそそる。その味が半世紀にわたり、地域に愛され、受け継がれている。

このグルメが生まれたところ
真庭市蒜山
県北に位置し、夏は避暑地、冬はスキーなどが楽しめる人気の観光地。また、ジャージー牛の乳製品はファンが多い。
牧場
蒜山高原




瀬戸内の恵みを、ぎゅっとつめこんだ一皿。
ボーダー
   
 
たこ塩
シンプルながら奥深い味に、はしが止まりません!
ここでしか味わえない新鮮な下津井タコの食感はクセになりそう。
    児島たこしお焼そば
特産の塩と名物下津井のタコをたっぷり使用した「児島たこしお焼そば」。新鮮なタコと塩のうま味だけで勝負する店をはじめ、中華風、ニンニクと黒コショウで味つけしたスパイシーなものなど、各店個性派ぞろいだ。今後は提供する加盟店も増える予定で、目が離せない!

このグルメが生まれたところ
倉敷市児島
古くから繊維業が盛んで、ジーンズのまちとして、全国的に知られている。特産の塩と海鮮も、食通の間で人気が高い。
干したこ
下津井の干しタコ




長年愛され続けている、岡山っ子の味。
ボーダー
   
 
デミカツ
まったりしたソースは見た目よりもあっさりしていて、カツとよく合っていました。
見た目もおしゃれで、女子にもオススメ!
    おかやまデミカツ丼
通常カツ丼といえば、カツを卵でとじたものが主流。でも岡山の「デミカツ丼」は、デミカツソースをかけたものが一般的だ。ソースの味や、トッピングが店ごとに異なり、サイズを大小用意している店も。味はもちろん、そんなバリエーションの豊富なところもまた、大きな魅力だ。

このグルメが生まれたところ
岡山市
「岡山後楽園」や「岡山城」などの観光スポットが有名。その周辺には、美術館や博物館も集まっている。
後楽園
岡山後楽園から望む岡山城




素材が命!美咲流「たまごかけごはん」。
ボーダー
   
 
たまごかけ
「食堂かめっち。」前の広場で黄色いハンカチアートを発見!
美咲町の「黄福(こうふく)」パワーを感じました♪
    たまごかけごはん
毎日、生みたてを入荷する卵をはじめ、棚田で栽培した米、しょうゆにいたるまで、すべて美咲町産。シンプルな料理だけに素材の味が存分に生きている、ここでしか食べられない一品だ。独自で開発した、しょうゆベースのタレをかければ、さらにうま味が増す。

このグルメが生まれたところ
久米郡美咲町
「日本の棚田百選」に選ばれた、美しい棚田のあるまち。田植えや稲刈りなど、季節に応じて変化する様子も風情がある。
棚田
棚田の風景




ビールと相性抜群!絶品、スタミナ食。
ボーダー
   
 
ホルモンうどん
熱々をほおばると、疲れもふっとぶおいしさ!
店によって味が違うので、食べ歩きもオススメ。ビールがすすんで困りました。
    津山ホルモンうどん
古くから、和牛の産地で有名な津山。栄養満点の新鮮なホルモンを使った「津山ホルモンうどん」は、そんな牛肉文化が根づいた津山のソウルフードだ。現在は約50店舗があり、自家製タレ、ホルモンの種類、焼き方など各店それぞれにこだわりが。食欲をそそる音と香り、味を楽しもう。

このグルメが生まれたところ
津山市
かつては津山藩として、出雲街道に沿って栄えた。津山城をはじめ、まち並み保存地区や「衆楽園」など見どころも多い。
津山城
津山城(鶴山公園)




「鶏」のうま味を凝縮した、自慢のラーメン。
ボーダー
   
 
笠岡ラーメン
初めてなのに、どこか懐かしい。鶏のうま味が細麺と絡んで、とても食べやすかった。
今度は、魚介類ベースのラーメンも試してみたい。
    笠岡ラーメン
戦前から愛され続けてきた、笠岡を代表するしょうゆ味のラーメン。金色の脂が浮かんだ親鶏ガラスープ、親鶏のもも肉のしょうゆ煮など鶏づくしの優しい味わい。さらに手間暇かけて仕込んだメンマが名脇役を務め、麺とスープを引き立ててくれる。あっさり、でもコクがある、飽きのこないラーメンだ。

このグルメが生まれたところ
笠岡市
県南西端に位置し、大小31の笠岡諸島を含む港町。大規模な干拓や、天然記念物カブトガニの生息地としても有名。
笠岡諸島
笠岡諸島




新鮮なカキがたっぷりの冬季必食グルメ。
ボーダー
   
 
カキオコ
ビックリするほどたくさんのカキに感激。
生地が軽いからか、意外にペロッといけちゃいましたよ。
    日生カキオコ
こんがり香ばしい表面と、フワフワトロトロの中身。関西風でも広島風でもない独自の焼き方が、カキの風味と食感を生かしている。どこを切っても出てくるほど、新鮮なカキがたっぷり。一口食べるごとに、口の中いっぱいにカキの風味が広がり、幸せ気分に包まれる。

このグルメが生まれたところ
備前市日生町
瀬戸内海に面した、漁業の盛んな地域。その日に水揚げされた新鮮な海の幸を購入できる「五味の市」が人気。
日生五味の市
魚市場である、五味の市




つややかでよくのびる、杵つきもちが主役。
ボーダー
   
 
ひめっ子雑煮
とにかく、もちがおいしい!
きめが細かくなめらかで驚くほど伸びがいいうえに、ほんのり甘いんです。 特につきたてはオススメですよ。
    新庄ひめっ子雑煮
「水源の森」「かおり風景」「日本の音風景」の三つの百選に認定された新庄村。おいしいもち米作りに最適の環境から作られた、特産のもち米「ヒメノモチ」は、こしの強さ、きめの細かさ、甘みの三拍子そろっている。そのもちがあっさりしたダシや具材と絡み、とても味わい深い雑煮だ。

このグルメが生まれたところ
真庭郡新庄村
美しい自然とともに、旧出雲街道の宿場町など歴史的な風情も残る。春に咲き誇る「がいせん桜」は必見。
がいせん通り
がいせん桜通り