[取材スタッフおすすめ!]

OQ的岡山見どころガイド

岡山後楽園に岡山城、倉敷美観地区に蒜山高原。
岡山には、全国的に有名な観光スポットがいっぱい。
でも、それほど注目されていなくてもちょっと面白い場所はまだまだある。
ここでは、そんな隠れたスポットを「OQ的見どころ」として紹介。
気になるスポットを見つけに、ぜひ出かけてみて。

軽部神社(総社市)

悩める女性たちの切なる声をそっと受け止める「お乳の神様」。

「乳神様」とも呼ばれる「軽部神社」。その呼び名の由来となった「垂乳根の桜」は、現在は根株が残るのみだが、かつては見事な大樹だったそうだ。桜の季節には見物客でにぎわったというが、ひっそりした現在の境内からは想像もつかない。この桜を「女性のお乳一切の守り神」とする、庶民の間で広まった信仰から、今なお母乳の出や安産、お乳の病気の平癒を願う女性たちが、乳房をかたどった手作りの絵馬を奉納。最近は総社吉備路商工会青年部が販売する「軽部神社絵馬奉納キット」を利用する人がほとんどのようだ。「おっぱい絵馬」など奇抜さが目立つけれど、そこに託されたのは女性たちの真剣な願い。本堂の前に立つと、そのことがよく伝わってくる。

本堂に奉納されているたくさんの「おっぱい絵馬」。ひときわ大きな絵馬が目を引く

信仰の由来となった「垂乳根の桜」の根株。境内の隅にひっそりと残っている

DATA
軽部神社 MAP:P46_C-4
延宝6年(1678年)建立。「乳神様」として信仰され、安産や母乳の出を願い、乳房をかたどった手作りの絵馬が奉納されている。絵馬奉納キットは、「吉備路もてなしの館」(総社市宿418)にて販売。
総社市清音軽部 TEL_0866-92-8277(総社市商工観光課) 交通_JR伯備線・清音駅から徒歩で約10分

ちなみに…

祈念済みの「軽部神社ストラップお守り」付きで2000円。

願いをこめて丁寧に。キットで作ろう「おっぱい絵馬」。
「軽部神社絵馬奉納キット」の作り方

本体の上部に空いている穴に、ひもを通して結ぶ

願い事や名前を書き、お乳を穴に通して固定する

両方通したら完成。形をきれいに整えて奉納する

スタッフコメント

ずらりと並んだ絵馬の中には、絵馬キットで作ったものだけでなく、完全オリジナルらしき大作も。どれも「お乳がよく出ますように」「胸の病気がよくなりますように」と、切なる願いがこめられていて、厳粛な気持ちになりました。もちろん「巨乳になりたい!」というおちゃめな絵馬もありましたよ。