ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 産業労働部 産業企画課 岡山県計量法関係手数料

岡山県計量法関係手数料

特定計量器の検定(型式承認)

       区      分手数料額(円)
1.質量計
非自動はかり
(1) 検出部が電気式のもの又は光電式のものであってひょう量が1t以下のもの
 ひょう量が 30kg以下のもの1,100
 ひょう量が100kg以下のもの1,300
 ひょう量が250kg以下のもの1,700
 ひょう量が500kg以下のもの2,060
 ひょう量が500kgを超えるもの2,360
(2) 棒はかり又は光電式はかり以外のばね式指示はかりのうち直線目盛のみがあるもの
 ひょう量が10kg以下のもの110
 ひょう量が10kgを超えるもの200
(3) 上記(1)、(2)に掲げるもの以外のもの
 ひょう量が5kg以下のもの160
 ひょう量が20kg以下のもの200
 ひょう量が50kg以下のもの260
 ひょう量が100kg以下のもの350
 ひょう量が250kg以下のもの530
 ひょう量が500kg以下のもの900
 ひょう量が 1 t 以下のもの1,610
 ひょう量が 2 t 以下のもの2,460
 ひょう量が 5 t 以下のもの6,230
 ひょう量が10 t 以下のもの7,950
 ひょう量が20 t 以下のもの11,710
 ひょう量が30 t 以下のもの14,560
 ひょう量が40 t 以下のもの19,460
 ひょう量が50 t 以下のもの22,030
 ひょう量が50tを超えるもの
 22,030円にひょう量10tまでを増すごとに22,030円の5分の1を加えた額。ただし、その額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額 
 
*最小の目量(隣接する目盛標識のそれぞれが表す物象の状態の量の差をいう。以下同じ。)又は表記された感量(質量計が反応することができる質量の最小の変化をいう。以下同じ。)がひょう量の2万分の1未満のものにあっては、(1)から(3)までに掲げる金額の2倍の額とする。
2.温度計
ガラス製温度計に限る
 計ることができる温度が零下5℃以上105℃以下のもの60
 計ることができる温度が零下5℃以上200℃以下のもの100
 計ることができる温度が零下30℃以上105℃以下のもの150
 計ることができる温度が零下30℃以上200℃以下のもの170
3.体積計
 イ.燃料油メーター
  (1)使用最大流量が1リットル毎分以下のもの590
  (2)表示機構の最大指示量が50リットル以下のもの((1)に掲げるものを除く)1,600
  (3) (1)又は(2)に掲げるもの以外のもの2,050
 ロ.液化石油ガスメーター6,430
4.アネロイド型圧力計(アネロイド型血圧計を除く)
 イ.計ることができる最大の圧力が50Mpa以下のもの90
 ロ.計ることができる最大の圧力が100Mpa以下のもの450

特定計量器の検定(型式承認外)

    区      分手数料額(円)
非自動はかり
1.質量計(非自動はかりのうち、ばね式指示はかり及び検出部が電気式のものを除く)
 ひょう量が5kg以下のもの180
 ひょう量が20kg以下のもの210
 ひょう量が50kg以下のもの280
 ひょう量が100kg以下のもの370
 ひょう量が250kg以下のもの570
 ひょう量が500kg以下のもの1,000
 ひょう量が 1 t 以下のもの1,760
 ひょう量が 2 t 以下のもの2,910
 ひょう量が 5 t 以下のもの6,730
 ひょう量が10 t 以下のもの8,560
 ひょう量が20 t 以下のもの12,710
 ひょう量が30 t 以下のもの15,570
 ひょう量が40 t 以下のもの20,480
 ひょう量が50 t 以下のもの23,150
 ひょう量が50tを超えるもの
23,150円にひょう量10tまでを増すごとに23,150円の5分の1を加えた額。ただし、その額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額 
 
*最小の目量又は表記された感量がひょう量の1万分の1未満のものにあっては、2倍の額とする。 
2.温度計 
ガラス製温度計に限る 
 計ることができる温度が零下5℃以上105℃以下のもの60
 計ることができる温度が零下5℃以上200℃以下のもの120
 計ることができる温度が零下30℃以上105℃以下のもの150
 計ることができる温度が零下30℃以上200℃以下のもの190

特定計量器の検定(経過型式承認外)

     区        分手数料額(円)
1.質量計
施行令附則第9条第3項第1号又は附則別表第4第2号に掲げる非自動はかり
イ.施行令附則第9条第3項第1号又は附則別表第4第2号ロに掲げるもの990
  
ロ.施行令附則別表第4第2号イ(1)又はハ(1)に掲げるもの
 ひょう量が200kg以下のもの540
 ひょう量が500kg以下のもの920
 ひょう量が 1 t 以下のもの1,610
 ひょう量が 2 t 以下のもの2,710
 ひょう量が 5 t 以下のもの6,430
 ひょう量が10 t 以下のもの8,350
 ひょう量が20 t 以下のもの12,210
 ひょう量が30 t 以下のもの15,260
 ひょう量が40 t 以下のもの19,870
 ひょう量が50 t 以下のもの22,240
 ひょう量が50tを超えるもの
22,240円にひょう量10tまでを増すごとに22,240円の5分の1を加えた額。ただし、その額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額  
ハ.施行令附則別表第4第2号イ(2)に掲げるもの
 ひょう量が10kg以下のもの120
 ひょう量が10kgを超えるもの210
ニ.施行令附則別表第4第2号ハ(2)に掲げるもの930
2.施行令附則第9条第2項第3号に掲げる燃料油メーター
 イ.積算式ガソリン量器
 (1)表示機構の最大指示量が50リットル以下のもの1,600
 (2)表示機構の最大指示量が50リットルを超えるもの2,100
 ロ.イに掲げるもの以外のもの
 (1)口径が30mm以下のもの2,610
 (2)口径が30mmを超えるもの3,460
3.施行令附則第9条第2項第4号に掲げる液化石油ガスメーター6,330
4.施行令附則第9条第2項第5号に掲げるアネロイド型圧力計
 イ.計ることができる最大の圧力が50Mpa以下のもの90
 ロ.計ることができる最大の圧力が100Mpa以下のもの470

装置検査

  区   分手数料額(円)
タクシーメーター装置検査710

特殊容器の製造者の指定

    区      分手数料額(円)
通産省令で定める特殊容器の製造業者の指定

163,950

定期検査

       区         分手数料額(円)
1.非自動はかり
イ.検出部が電気式のもの又は光電式のものであって、ひょう量が1t以下のもの
 ひょう量が100kg以下のもの1,400
 ひょう量が250kg以下のもの1,910
 ひょう量が500kg以下のもの2,210
 ひょう量が500kgを超えるもの3,220
ロ.棒はかり又は光電式以外のばね式指示はかりのうち、直線目盛のみがあるもの250
ハ.イまたはロに掲げる以外のもの
 ひょう量が100kg以下のもの500
 ひょう量が250kg以下のもの900
 ひょう量が500kg以下のもの1,500
 ひょう量が1 t 以下のもの2,210
 ひょう量が2 t 以下のもの3,710
 ひょう量が5 t 以下のもの6,930
 ひょう量が10 t 以下のもの10,980
 ひょう量が20 t 以下のもの15,330
 ひょう量が30 t 以下のもの19,600
 ひょう量が40 t 以下のもの22,250
 ひょう量が50 t 以下のもの30,750
 ひょう量が50tを超えるもの
30,750円にひょう量10tまでを増すごとに30,750円の5分の1を加えた額。ただし、その額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額
 
*最小の目量又は表記された感量がひょう量の1万分の1未満のものにあっては、イからハまでに掲げる金額の2倍の額とする。
2.分銅又は定量おもり若しくは定量増しおもり10

届出製造事業者の指定申請

   区     分手数料額(円)
特定計量器製造事業者の指定にかかる検査429,280

基準器検査

      区           分手数料額(円)
1.長さ基準器
 タクシーメーター装置検査用基準器13,680
2.質量基準器
イ.基準手動天びん
 感量が1mgを超え又はひょう量の2万分の1を超えるもの4,980
ロ.基準台手動はかり
 ひょう量が 1 kg以下のもの3,360
 ひょう量が 10kg以下のもの  5,330
 ひょう量が 50kg以下のもの7,850
 ひょう量が200kg以下のもの  10,570
 ひょう量が500kg以下のもの  14,090
 ひょう量が500kgを超えるもの
14,090円にひょう量500kgまでを増すごとに14,090円の2分の1を加えた額。 
 
ハ.基準直示天びん
 感量が1mgを超え又はひょう量の2万分の1を超えるもの7,940
ニ.基準分銅
(1)1級である旨の表記のあるもの
 表す質量が200g以下のもの3,210
 表す質量が200gを超えるもの7,950
(2)2級である旨の表記のあるもの
 表す質量が5kg以下のもの640
 表す質量が50kg以下のもの780
 表す質量が50kgを超えるもの8,880
(3)3級である旨の表記のあるもの
 表す質量が5kg以下のもの480
 表す質量が50kg以下のもの650
 表す質量が50kgを超えるもの7,150
3.体積基準器  
基準タンク
 イ.全量が0.25立方メートル以下のもの13,680
 ロ.全量が1立方メートル以下のもの

34,210

*2以上のゲージグラスを有する基準タンクにあっては、ゲージグラスが1増すごとに、イ又はロに掲げる金額の2分の1の額を加算するものとする。
*油用の基準タンクについて使用中の油により検査を行うときは、イ又はロに掲げる金額の2倍の額とする。

計量証明事業登録

  区    分手数料額(円)
計量証明の事業の登録54,480

計量証明事業の登録証の訂正または再交付

  区    分手数料額(円)
計量証明の事業の登録証の訂正または再交付1,750

計量証明事業の登録簿の謄本の交付

  区    分手数料額(円)
計量証明事業の登録簿の謄本の交付請求770

計量証明事業の登録簿の閲覧

  区    分手数料額(円)
計量証明事業の登録簿の閲覧の請求380

計量証明検査関係

     区          分手数料額(円)
1.非自動はかり
イ.検出部が電気式のもの又は光電式のものであって、ひょう量が1t以下のもの
 ひょう量が100kg以下のもの1,400
 ひょう量が250kg以下のもの1,910
 ひょう量が500kg以下のもの2,210
 ひょう量が500kgを超えるもの3,220
ロ.棒はかり又は光電式以外のばね式指示はかりのうち、直線目盛のみがあるもの250
ハ.イまたはロに掲げる以外のもの
 ひょう量が100kg以下のもの500
 ひょう量が250kg以下のもの900
 ひょう量が500kg以下のもの1,500
 ひょう量が1 t 以下のもの2,210
 ひょう量が2 t 以下のもの3,710
 ひょう量が5 t 以下のもの6,930
 ひょう量が10 t 以下のもの10,980
 ひょう量が20 t 以下のもの15,330
 ひょう量が30 t 以下のもの19,600
 ひょう量が40 t 以下のもの22,250
 ひょう量が50 t 以下のもの30,750
ひょう量が50tを超えるもの
30,750円にひょう量10tまでを増すごとに30,750円の5分の1を加えた額。ただし、その額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額
 
*最小の目量又は表記された感量がひょう量の1万分の1未満のものにあっては、イからハまでに掲げる金額の2倍の額とする。
2.分銅又は定量おもり若しくは定量増しおもり10
3.騒音計
 使用最大周波数が8000ヘルツ以下のもの23,480
 使用最大周波数が8000ヘルツを超えるもの38,160
4.振動レベル計33,240
5.濃度計
 イ.ジルコニア式酸素濃度計又は磁気式酸素濃度計95,960
 ロ.溶液導電率式二酸化硫黄濃度計128,630
 ハ.紫外線式二酸化硫黄濃度計95,560
 ニ.紫外線式窒素酸化物濃度計106,620
 ホ.非分散型赤外線式二酸化硫黄濃度計101,080
 ヘ.非分散型赤外線式窒素酸化物濃度計116,470
 ト.非分散型赤外線式一酸化炭素濃度計102,000
 チ.化学発光式窒素酸化物濃度計108,630
 リ.ガラス電極式水素イオン濃度指示計26,100
 ハに掲げる濃度計とニに掲げる濃度計とが構造上一体となっているものにあっては、ハに掲げる金額とニに掲げる金額とを合算して得た額からニに掲げる金額の2分の1の額を減額するものとする。
 ホからトまでに掲げる濃度計で2以上の検出部を有するものにあっては、検出部が1増すごとにホからトまでに掲げる金額の2分の1の額を加算するものとする。ただしその額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てるものとする。
 ハからチまでに掲げる濃度計で4以上の表示機構を有するものにあっては、表示機構が3を超えて1増すごとに、ハからチまでに掲げる金額にそれぞれハからチまでに掲げる金額の5分の1の額を加算するものとする。ただしその額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てるものとする。

適正計量管理事業所の指定

  区     分手数料額(円)
適正計量管理事業所の指定2,560

適正計量管理事業所の指定にかかる検査

  区     分手数料額(円)
適正計量管理事業所の指定にかかる検査7,530

その他証明手数料
1件につき750円


トップページ 組織で探す 産業労働部 産業企画課 岡山県計量法関係手数料