ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 第11回岡山県保健福祉学会について(平成16年度)

第11回岡山県保健福祉学会について(平成16年度)

第11回保健福祉学会開催日程

平成17年2月2日(水曜日)に第11回保健福祉学会を開催いたしました。
会員皆様の多数のご参加ありがとうございました。

11回岡山県保健福祉学会プログラム

10時00分  開会あいさつ

  岡山県保健福祉学会長  江草 安彦

10時15分  研究発表

  第1分科会  
   ○第1群 地域保健福祉1
   ○第2群 地域保健福祉2
   ○第3群 児童福祉
   ○第4群 児童虐待防止

  第2分科会  
   ○第1群 地域健康づくり1
   ○第2群 地域健康づくり2
   ○第3群 動物愛護、薬事、食品安全 

14時40分  特別講演

  「次世代育成支援に向けて」
     川崎医療福祉大学医療福祉学部
       教授   岩淵 勝好    

16時20分  表  彰

  ・保健福祉学会長賞
  ・保健福祉部長賞
  ・保健福祉学会審査委員長賞
  ・保健所長会長賞・社会福祉協議会長賞

閉会あいさつ

  岡山県保健福祉学会 副学会長  宮嵜 雅則

第11回保健福祉学会研究発表

研 究 発 表(32題)

第1分科会(会場:2階 国際会議場)
第1群 地域保健福祉1(4題) 10時15分―10時55分 /座長  高梁地方振興局健康福祉部 永瀬 秀美 

【1】「くらしの駅」ネットワーク構築に向けて
   岡山県保健福祉部障害福祉課  中村 謙治
【2】特区から1年
   ―福祉有償運送の効果と課題―
   岡山県保健福祉部障害福祉課  坂井 容子  
【3】歩行自立の地域高齢者における転倒骨折予防の重点対象の選定に向けた課題
   (財)岡山県健康づくり財団健康づくり企画支援室  原田 和宏
【4】転倒・転落予防の実態
   ―管内施設の実態調査から―
   倉敷地方振興局健康福祉部  下川 美智子
第2群 地域保健福祉2(5題) 11時00分―11時50分 /座長  津山保健所 内藤 允子
【5】精神障害に関する意識調査に取り組んで
   ―地域住民の正しい理解を得るために―
   倉敷保健所保健課  藤田 純子
【6】精神保健福祉現場実習に関する調査研究
   -学生と実習指導者間の実習目標設定における差異からの考察-
   川崎医療福祉大学大学院  戸田 順子
【7】障害者地域生活支援ネットワークが創る井笠の新しい福祉のかたち
   ―圏域の福祉グランドデザインは障害者の声と地域のエンパワーメントから―
   井笠地方振興局健康福祉部福祉振興課  菅野 浩司
【8】地域リハビリテーション推進における保健・医療・福祉の連携と今後の課題
   阿新保健所保健課  藤原 良浩
【9】「安全で安心できる屋内ランドマークの設置をめざして」
   -岡山盲学校寄宿舎における取り組み-
   岡山県立岡山盲学校  岸 哲志
第3群 児童福祉(4題) 11時55分―12時35分 /座長  県立玉島学園 上田 一宣 
【10】障害児保育に関する研究 -自閉症児の場合-
   元中国短期大学  九鬼 ゆりか
【11】軽度発達障害児の行動化予防に向けて
   -スクリーニングのあり方について-
   中央児童相談所  永冨 徹志
【12】これからの児童福祉の方向性 -いくつかのトピックをもとに-
   山陽学園短期大学  畑岡 隆
【13】ファミリーソーシャルワーカーの活動を通して(現状と課題)
   岡山市善隣館  河向 洋
第4群 児童虐待防止(5題) 13時35分―14時25分/座長  岡山県保健福祉部子育て支援課 山根 明子
【14】精神的なリスクを抱える児童虐待ケースの保護者に対する支援について
    倉敷児童相談所  長野 扶佐美
【15】子どもの虐待予防における井笠保健所の役割
   井笠保健所保健課  高桑 友美
【16】乳児健診はネグレクト発見の契機になるか
   ―玉野市における虐待予防の視点―
   玉野市健康増進課  中平 雅子
【17】「子育て支援のためのSOS発信カード」事業に取り組んで
    ―保健所における児童虐待予防への試み―
    倉敷保健所保健課  水嶋 明子
【18】保健所の「子どもの心とからだの総合相談」が虐待予防に果たす役割
    高梁保健所保健課  猪元 信子

第2分科会(会場:5階 会議室1)
第1群 地域健康づくり1(6題) 10時15分―11時15分 /座長  岡山県立大学保健福祉学部 二宮 一枝

【1】津山地域の合計特殊出生率の謎を追う
  ―子どもを健やかに育てる環境づくりの推進を願って―
   津山保健所保健課  横溝 珠美
【2】住民と協働でつくる子育て環境
   勝英保健所保健課  松島 とも子
【3】「支え合い、自分らしく生きていける心豊かな村」をめざして
   ―住民と行政が協働した地域づくりへの取り組み―
   西粟倉村保健福祉課  板倉 美保子
【4】郷土史と自然が健康な地域づくりにもたらす影響について
   岡山市保健所保健課  高木 由里
【5】岡山市東地区における運動普及応援団養成の試み
   岡山県南部健康づくりセンター  斉藤 剛
【6】愛育委員会・栄養改善協議会で実施してきたヘルシーウォークの取り組み
  芳井町保健センター  名合 正子
第2群 地域健康づくり2(5題) 11時20分―12時10分 /座長  岡山保健所 草加 二三子
【7】子宮がん検診の見直しを通じた本庁保健師の役割
   岡山県保健福祉部健康対策課  多々納 洋子
【8】既存資料を用いた場合の地域診断の実際と限界
   -SMRを健康指標に応用して-
   阿新保健所  井上 康二郎
【9】阿新・真庭保健所管内の妊産婦の産科施設への受診動向
   ―通院時間とそれに伴う負担感について―
   岡山大学医学部公衆衛生学教室  関 明彦
【10】倉敷保健所管内における成人の歯科保健の実態と今後の課題
   倉敷保健所保健課  平井 文
【11】乳幼児歯科健診の齲蝕罹患抑制効果に関する研究
   里庄町健康福祉課  高橋 桂子
第3群 動物愛護、薬事、食品安全(3題) 13時10分―13時40分 /座長  勝英保健所 井戸 司
【12】井笠局管内の動物愛護普及事業の取り組みについて
    ―協議会とその動物愛護活動を中心に―
    井笠保健所衛生課  田原 和弘
【13】岡山県における遺伝子組換え食品の実態調査
    環境保健センター  山本 淳
【14】配置薬(置き薬)利用者における意識調査結果について
    東備保健所衛生課  廣井 実
紙上発表
【1】訪問看護ステーションにおける痴呆患者家族への社会資源の導入に関する現状と課題
   -訪問看護師へのアンケート調査から-
   岡山大学医学部保健学科看護学専攻  渡邉 久美、住吉 和子、森本 美智子、岡野 初枝
   岡山訪問看護ステーション看護協会    菅崎 仁美
【2】血糖検査が要指導域にある者の検診結果認識について考える
  ―精検票に関する調査を通して―
   勝山町役場  山田 明日香、栩原 巻江、山田 昌子、川上 美千子


第11回保健福祉学会研究発表演題受賞演題

保健福祉学会長賞

  乳幼児歯科健診の齲蝕罹患抑制効果に関する研究

  里庄町健康福祉課  高橋 桂子


保健福祉部長賞

  乳児健診はネグレクト発見の契機になるか
  ―玉野市における虐待予防の視点―

  玉野市健康増進課  中平 雅子           


保健福祉学会審査委員長賞

  「子育て支援のためのSOS発信カード」事業に取り組んで―保健所における児童虐待予防への試み― 

  倉敷保健所保健課  水嶋 明子


保健所長会長賞

  精神障害に関する意識調査に取り組んで
  ―地域住民の正しい理解を得るために―

  倉敷保健所保健課  藤田 純子


社会福祉協議会長賞

  特区から1年
  ―福祉有償運送の効果と課題―

  岡山県保健福祉部障害福祉課  坂井 容子


トップページ 組織で探す 保健福祉部 保健福祉課 第11回岡山県保健福祉学会について(平成16年度)