ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された方へ

新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された方へ

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

岡山県内(岡山市、倉敷市を除く)にお住まいの方に、療養中の支援内容等をご案内しております。岡山市及び倉敷市にお住いの方は、それぞれの相談窓口から支援内容等をご確認ください。

療養区分の決定までの流れ

流れ

〇発生届の対象の方

保健所から電話連絡があります。
届出対象に該当しているのに、2日経過しても保健所から電話連絡がない場合は、お住いを所管する担当保健所へお申し出ください。

〇発生届の対象外の方

保健所からの連絡はありません。

患者情報登録に、氏名、生年月日、居住地等の入力をお願いします(入力時間は約5分程度です)。また、宿泊療養もしくは、配食サービス健康相談アプリの利用(登録完了時に、無料相談に必要なコード(企業ID)が表示されます。)を希望される場合についても、こちらで速やかにお申し込みください。

電子申請へのリンク

※電子申請サービスの利用者登録は省略できます。
※登録に当たっては、医療機関で配布されたチラシ(診断結果等の記入のあるもの)もしくは、診療報酬明細書や陽性診断がわかる書類の添付が必要となりますので、お手元に用意いただきご登録ください。
↠登録が難しい場合は、自宅療養サポートセンターにお尋ねください。
※配食サービスについては、療養期間中の配布が困難な場合は、お断りすることがあります。
※陽性者情報登録にご入力がない場合でも、体調が悪化した場合は、遠慮なく、自宅療養サポートセンター(086-226-7946)にお電話でご相談ください。

 

〇自宅療養について

注意事項など自宅療養中に必要となる情報をまとめて掲載しましたので、ご確認ください。

〇療養中の健康観察について(発生届が出された方)

医療機関等から発生届が出されて療養中の方は、毎日の体調管理を My Her-Sys (ハーシス:新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)で行います。
入力方法は、以下のとおりです。

なお、入力いただいた内容を確認させていただき、療養中の健康状態等で気になる場合は、岡山県自宅療養サポートセンターから連絡をすることがありますのでご承知おきください。
また、症状や健康状態でご相談がある時は、岡山県自宅療養サポートセンター(086-226-7946)にご連絡ください。(24時間対応・看護師配置)

〇療養中の健康観察について(発生届の対象外の方)

ご自身で体調管理をしていただきます。
症状や健康状態でご相談がある場合は、24時間対応の医師による健康相談アプリを積極的にご利用いただくとともに、体調悪化時は、岡山県自宅療養サポートセンター(086-226-7946)にご連絡ください。(24時間対応・看護師配置)

〇療養中の健康相談について(自宅療養者全員が対象)

岡山県では、自宅療養者の皆様に、ご自宅で安心して療養生活をお送りいただけるよう、24時間、医師と無料で相談できるサービスを用意しています。登録後、14日間無料で利用できます。

医師によるオンライン健康相談の使い方 [PDFファイル/664KB]

【注意】オンライン診療ではありません。体調の悪化時は、直ちに自治体の相談先へ連絡してください。

無料利用に必要なパスコード(企業コード)については、発生届出対象者は、保健所からのお知らせ時、発生届出対象外の方は、患者情報登録時の最終画面及び確認メールでお伝えしております。ご不明な場合は、自宅療養サポートセンターにお問い合わせください。

アプリのダウンロード方法や使い方について、ご不明な点がございましたら、下記窓口までお問い合わせください。

相談アプリ(外部サイトへリンク)

相談のやりかた動画(外部サイトへリンク)

●株式会社リーバーお問い合わせ窓口
電話:029-896-6263(平日10時~18時)
メール:info@leber.jp

〇自宅療養者の診療について

お手持ちのお薬が不足した、症状が悪化したなどの理由で、受診を希望する場合は、陽性者であることを事前に電話でご連絡の上、直接、かかりつけ医または発熱外来(県ホームページに掲載)を受診してください。

なお、診療時間外や連絡してみても受診先が見つからない場合は、岡山県自宅療養サポートセンター(086-226-7946)にお電話でご相談ください。

※ 救急車・救急外来の利用は、真に必要な場合に限るようご協力お願いします。

〇自宅療養中の災害(地震・台風等)時の対応について

新型コロナウイルス感染症の陽性者の方で、自宅療養されている間の、地震や台風などの災害時の避難先は、一般の避難所ではなく、宿泊療養施設か専用待避所になります。事前に『自宅療養のしおり』の9ページをご確認いただくとともに、必要な場合は、最寄りの県民局へご確認ください。

〇陽性者の同居の家族の方(濃厚接触者にあたる方)等について

新型コロナウイルス感染症患者と同居されている方は、濃厚接触者に該当します。
感染対策を徹底する前に最終接触があった日を0日目として翌日から5日間(※)は、外出の自粛(自宅待機)と健康観察をお願いいたします。
なお、同居の家族のうち、65歳以上の方や基礎疾患をお持ちの方がおられる場合は、特に健康状態にご注意ください。

また、同居の家族以外でも、発症日の2日前以降に、長時間接触があった方等は濃厚接触者に該当する場合がありますので、心当たりがある場合は、患者の方からその方へご連絡をしていただき、所定の期間は外出の自粛(自宅待機)と健康観察をしていただくようご依頼ください。

濃厚接触者の方に体調の変化が現れた場合は、濃厚接触者であることを事前連絡のうえ、かかりつけ医か発熱外来(県ホームページに掲載)を受診してください。

<災害が予見される場合の濃厚接触者の方の避難について>
濃厚接触者で健康観察中の方は、マスクの着用など適切なまん延防止対策をとった上で、お住まいの市町村が設置する避難所に避難していただくことになりますので、避難先や避難方法などについて、市町村にお問い合わせください。

※5日間を経過しても、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認を行い、リスクの高い場所の利用や会食を避け、マスクを着用する等の感染対策を実施してください。

〇療養の確認通知書(発生届対象者のみ)について

医師から発生届が出された方の、保険請求の証明書は、療養中に活用していただくハーシスで表示することができます。
詳細は、下記をご確認ください。

なお、令和4年9月26日以降は、発生届の届出は限定化されており、届出対象以外の方はには証明書は表示されません。(保健所においても証明できません)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された方へ