ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 環境企画課 令和4年度 第1回 環境文化部指定管理者候補選定委員会 議事概要

令和4年度 第1回 環境文化部指定管理者候補選定委員会 議事概要

第1回 環境文化部指定管理者候補選定委員会 議事概要

開催日時等

日時  令和4年7月29日(金曜日)13時30分~14時50分
場所  県庁3階第2会議室
出席者 環境文化部指定管理者候補選定委員会委員 6名
     ※全員の出席により会議は成立
事務局 環境文化部環境企画課、文化振興課

議事概要


1 開会
2 委員長選任
3 指定管理者制度、選定委員会について
 ・指定管理者制度の概要、選定委員会の役割等について事務局から説明。
 ・議事は非公開とし、議事概要を公開する。委員名は、指定管理者候補が選定される
  までの間は、非公開とすることを確認。
4 議事
(1)岡山県立美術館の募集要項(案)について
(2)おかやま旧日銀ホールの募集要項(案)について
(3)審査にあたっての採点方法(案)について
 ・各施設の施設概要、募集要項(案)、採点方法(案)の説明及び審議。
 ・委員からの質疑・意見に対して事務局から説明を行い、最終案とすることで了承を
  得た。
【主な質疑・意見】
共通
(問)現指定管理者の評価はどうか。
(答)予定していた業務水準は概ね満たしている。
(問)問題になっている団体も、募集の対象となるのか。
(答)問題がある団体については、地方自治法の規定に基づき、応募資格で弾かれる。
   応募資格を満たしていれば、応募はできる。
岡山県立美術館関係
(問)標準的な利用者数はどうか。
(答)企画展の内容によって上下はあるが、概ね令和元年度が標準的な利用者数と考え
   ている。
(問)指定管理料の上限額は、現指定管理料が基準となるのか。
(答)現指定管理者が行っている指定管理業務に基づく管理料に、消費税分と業務の追
   加分を加味して設定している。
(問)指定管理料を上げて新たに追加した業務は、県で行うより安価なのか。
(答)積算上は変わらないが、効率的な点検実施のため、業務に加えている。
(問)指定管理料の上限額が、令和7年度だけ金額が違うのはなぜか。
(答)建築基準法に基づく点検で、毎年行う点検と、3年に一度だけ行う点検の2種類
   があり、3年に1回の点検時のみ金額を追加している。
(問)前回、前々回の応募状況はどうか。
(答)前回は、2者の応募があり、前々回には4者の応募があった。
(意見)募集要項や申請様式の簡略化はできないか。
(問)管理業務に係る新型コロナウイルス感染症の影響はどうか。
(答)事業者の協力により、消毒等の対策を徹底した。
おかやま旧日銀ホール関係
(問)岡山市が建設中の芸術創造劇場との関係はどうか。
(答)使う目的や規模、料金などで差別化できるのではないかと考えている。
(問)岡山市以外(県中北部)の利用者への配慮はしているか。
(答)仕様書において、広く岡山市以外というところまでは記載がないが、様々な主体
   と協働することや、積極的にPR することで広く活用されるようにということは示
   している。
(問)自主企画事業と特別企画事業の違いは何か。また、アウトリーチ事業の内容は。
(答)自主企画事業は、安価で上質な芸術を県民に提供する等の目的により定期的に行
   うもの、特別企画事業は、国内外の著名音楽家等を招致し特別に行うものである。
   アウトリーチ事業は、各学校等に出向き、本格的なオペラ等の音楽に触れてもらう
   ことで、当ホールでの取組を紹介する事業である。
(問)ピアノ保守点検に係る岡山県立美術館の仕様書との差は何か。
(答)県立美術館は施設管理がメインであり、業務仕様書も詳細に作成している。当ホ
   ールについては、明細書までは作っていないが、点検内容について差はない。
(問)標準的な施設の稼働率はどれぐらいか。
(答)多目的ホールで平成30 年度の65%程度が標準である。
(問)指定管理料の上限額は、利用料金収入を前提に設定しているのか。
(答)利用料金については、指定管理期間内の運営状況・利用料収入等を踏まえて標準
   的な管理運営費の額を積算しており、ある程度の収入も見込んだ上で、指定管理料
   の設定をしている。
(問)利用料金収入は、指定管理者の収入となるのか。
(答)そうである。
(問)新型コロナウイルス感染症の影響による赤字はなかったのか。
(答)一昨年度については、県で予算措置をし、大きな赤字にならないようにした。昨
   年度についても同じ状況だったが、国の交付金等の活用を行ったため、県の追加
   の予算措置は行っていない。
(問)指定管理者は、いつも同じ事業者か。同じであれば非公募にしないのか。
(答)1回目と2回目の募集時は、2者の応募があり、その中で現事業者が選定されてい
   る。3回目と4回目は現事業者だけの応募だったが、特別な理由がない限り非公
   募には出来ない。
5 今後のスケジュールについて
   今後のスケジュール及び第2回選定委員会の日程等を確認。


トップページ 組織で探す 環境文化部 環境企画課 令和4年度 第1回 環境文化部指定管理者候補選定委員会 議事概要