ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 青年部『マルイチのもも』を若者向けにPR(令和4年7月14日)

青年部『マルイチのもも』を若者向けにPR(令和4年7月14日)

 JA岡山一宮選果場果樹部会青年部は、7月14日に産地のブランドである「マルイチのもも」を西日本調理製果専門学校に寄贈しました。パティシエ・ブランジェ科と総合調理専攻科の学生は、7月15日に学校に併設したカフェで「マルイチのもも」を使ったお菓子等を販売します。

 令和2~3年度に生産部会が消費者認知度を調査したところ、若者のブランド認知度が低かったため、青年部は令和4年度から若者向けのPR活動強化として、学生に「マルイチのもも」を使い、ファンになってもらおうという取組を始めました。青年部が学校の授業で使ってもらえないか話をしたところ、学校側から併設のカフェで販売もしたいとの提案を受けたため、7月14日にカフェ用に「白鳳」を100玉提供しました。

 青年部長は、「一宮は昔からある産地だが、若者にはあまり知られていない。若者にもっと地元のももの美味しさを知ってもらえるような開かれた産地を目指したい。」と意気込みを語りました。

 

 

 【パティシエ科2年生へももを贈呈】 

学生にモモを手渡す青年部員   


トップページ 組織で探す 備前県民局 備前広域農業普及指導センター 青年部『マルイチのもも』を若者向けにPR(令和4年7月14日)