ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

WCS用稲の定植後の巡回指導を実施!

新見農業普及指導センターは7月12日、新見市、JA、農畜産物生産課畜産第二班と合同で哲西町のWCS(稲発酵粗飼料)用稲栽培ほ場を巡回し、指導を行いました。
新見市ではWCS専用の晩生品種「たちすずか」が主に栽培され、今回、新規栽培ほ場の確認や除草等の管理指導等を行いました。
今後、市内のWCS用稲栽培農家に対し、収量の確保に向けたポイントをまとめた資料の配布や指導等を実施し、栽培農家の収量・収益の向上を支援していきます。

順調に生育する「たちすずか」

ほ場位置、収穫機械の侵入経路の確認