ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 災害が発生した場合の避難について

災害が発生した場合の避難について

自宅療養中・健康観察中に災害が発生し、避難する場合の避難行動についてお知らせします。

風水害時における行動について

○ご自宅の災害リスクの確認方法
市町村が各戸に配布しているハザードマップで「洪水浸水想定区域」や「土砂災害警戒・特別警戒区域」、「ため池浸水想定区域」など(以下、危険エリアという。)に指定されているか、ご確認ください。

 ご不明な点がある場合は、お住まいの市町村防災担当課にお問い合わせください。


○自宅避難の検討
避難所に行くことだけが避難ではありません。自宅での避難も検討し、災害から身を守ることができる安全な場所を日頃から考えておきましょう!

自宅療養の方

○宿泊療養施設・専用待避所への避難

自宅療養中の方が避難される場合、お住まいの市町村が設置する一般の避難所ではなく、県が設置している宿泊療養施設(岡山市、倉敷市)、又は最寄りの県民局管内に設置される専用待避所に避難していただきます。

お住まいの市町村に警戒レベル3(高齢者等避難)以上の避難情報が発令される能性がある場合、危険エリアにお住まいの自宅療養者に対し、県がお電話で避難の意思を確認します。

電話での避難意思の確認の際に、具体的な避難方法については、調整させていただきます。

【注意】感染状況や感染状況や気象状況によっては、県からの避難の意思確認が遅れる、又はできない場合がありますので、避難を希望される方は、県からの連絡を待たず、「自宅療養サポートセンター」に、電話をお願いします。

避難の際にご持参いただきたいもの
衣類(寝間着等含む)、バスタオル、フェイスタオル、携帯電話、薬(常備薬・服用中の薬)、保険証、おくすり手帳、筆記用具

危険エリア外にお住まいの自宅療養者の方へ
避難される場合は、宿泊療養施設又は専用待避所となりますので、できるだけ早く最寄りの県民局までご連絡ください。雨の状況によっては、移送できない可能性がありますので、早めの判断をお願いします。緊急に、やむを得ず、最寄りの避難所へ避難する場合は、事前に市町村へ連絡し、市町村の指示に従ってください。

濃厚接触者の方

○市町村が設置する避難所への避難

濃厚接触者で健康観察中の方は、お住まいの市町村が設置する避難所(濃厚接触者専用スペース)へ避難していただきます。

 ・避難する場合は、お住まいの市町村の防災担当課 に、避難の意思があることをあらかじめ(避難開始までに)ご連絡いただいた上で、ご自身で避難をしてください。

 ・避難所の受付では、避難所職員に「濃厚接触者である」ことをお申し出ください。

 ・マスクの着用など、適切なまん延防止対策をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 災害が発生した場合の避難について