ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 ワクチン対策室 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

5~11歳の子ども(小児)への新型コロナワクチン接種についての情報をお届けします。

目次

  1. 小児のワクチン接種について
  2. 接種対象者について
  3. 接種するワクチンについて
  4. ワクチン接種の予約方法について
  5. 接種にあたっての留意事項について
  6. 接種前・接種後の相談体制について
  7. 新型コロナワクチンの効果と副反応(5~11歳向け)
  8. その他

1・2回目の接種後、3回目の接種前に12歳の誕生日を迎えた方は、12歳以上用のワクチンを接種します。

1.小児のワクチン接種について

小児のワクチン接種に関するお知らせです。詳しくは下の厚生労働省及びファイザー社のパンフレットをご確認ください。

●初回接種(1、2回目接種)

国リーフレット先頭5歳から11歳のお子様へ

【厚生労働省】新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ) [PDFファイル/2.18MB]

【厚生労働省】新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様向け) [PDFファイル/871KB]

●追加接種(3回目接種)

国リーフレット3回目先頭5歳から11歳のお子様へ3回目

【厚生労働省】新型コロナワクチン接種(3回目)のお知らせ(5~11歳のお子様の保護者の方へ) [PDFファイル/2.87MB]

【厚生労働省】新型コロナワクチン接種(3回目)についてのお知らせ(5~11歳のお子様向け) [PDFファイル/1.23MB]

〇ファイザー社のパンフレット

新型コロナワクチン接種を検討されているお子さまの保護者の方へコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ

新型コロナワクチン接種を検討されているお子様の保護者の方へ(ファイザー株式会社リーフレット) [PDFファイル/1.42MB]

新型コロナワクチン接種を検討されているお子さまと保護者の方へ(ファイザー株式会社リーフレット) [PDFファイル/1.68MB]

※内閣官房より、お子さま用のワクチンの特徴や有効性、安全性について、解説した動画がYouTubeにアップロードされております。是非ご確認ください。

2.接種対象者について

新型コロナワクチンの小児接種の対象は、原則県内に住民登録のある5~11歳の方です。(国籍は問いません。)

○特に接種をお勧めする方

  • 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患(注1)を有する方

※接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。

(注1)新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患については、日本小児科学会で一覧等を公表していますので参考にご確認ください。
    公益財団法人日本小児科学会「新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等」
    http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=409

3.接種するワクチンについて

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢
 ワクチンの種別接種回数

接種間隔

接種対象年齢
初回(1・2回目)接種ファイザー社製ワクチン(小児用)2回3週間5~11歳
追加(3回目)接種ファイザー社製ワクチン(小児用)1回2回目接種後、
5か月以上経過した方
5~11歳
  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。
  • 前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。
  • 1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。
  • 初回(1・2回目)接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。
  • 3回目の接種は、2回目の接種から5か月以上経過した5~11歳のお子様が対象となります。2回目の接種時に11歳だったお子様が、3回目の接種時に12歳の誕生日を迎えた場合、3回目接種には12歳以上用のファイザー社ワクチンを使用します。詳しくはこちらをご確認ください。
  • 全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

ファイザー社製ワクチン(小児用)の詳しい説明については、下の説明書をご覧ください。

●初回接種(1、2回目接種)

小児ファイザー初回接種説明書

ファイザー社の新型コロナワクチン接種についての説明書(小児(5~11歳)初回(1回目・2回目)接種用) [PDFファイル/223KB]

●追加接種(3回目接種)

小児用ファイザー3回目接種説明書

ファイザー社の新型コロナワクチン接種についての説明書(小児(5~11歳)追加(3回目)接種用) [PDFファイル/1.05MB]

4.ワクチン接種の予約方法について

 予約については、各市町村や各医療機関ごとにそれぞれ違いますので、詳しくはお住いの市町村のホームページ等でご確認いただくか、市町村のコールセンターへお問い合わせください。

●市町村コールセンターの電話番号や受付開始時間は、こちらからご確認ください。

 また、「岡山県共通予約システム」での予約も可能です。

●「岡山県共通予約システム」へは、こちらからログインしてください。

5.接種にあたっての留意事項について

接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。
  幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

⇒「文部科学省:子どものSOS相談窓口」 https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm
⇒「法務省:人権相談」 https://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html
⇒「厚生労働省:ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html#Q1-9

接種を受ける際の注意点

  • 予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
    ※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
  • 当日は、すぐに肩を出せる服装でお越しください。
  • 37.5度以上の発熱や、体調不良の場合は、ワクチン接種を受けられません。予約先にお電話で取消のご連絡をお願いいたします。

当日にご持参いただくもの

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
  • 市町村より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
  • 母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴を管理しているため、可能な限りお持ちください。なお、小学校就学の始期に達するまでの者については、母子健康手帳への記載が必須となっています。)

接種後の注意点

  • 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。
  • 入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
  • 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。
  • ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。
  • 接種後の注意点についての詳細は、下のチラシを御確認ください。

●初回接種(1、2回目接種)

注意点1接種後の注意点2

接種後の注意点(5~11歳のお子様と保護者用) [PDFファイル/973KB]

●追加接種(3回目接種)

接種後の注意点(追加接種)1接種後の注意点(追加接種)2

3回目接種後の注意点(5~11歳のお子様と保護者の方へ)(2022年9月版) [PDFファイル/892KB]

6.接種前・接種後の相談体制について

 岡山県では、新型コロナワクチンの接種前・接種後の相談、接種後の副反応を疑う症状に対する相談・診療体制を整備しております。

副反応等の相談窓口について

・ 子どもがワクチン接種するにあたって副反応の発症頻度や症状について気になるので聞きたい。
・ 子どもの腕がワクチン接種後3日経っても腫れているが、医療機関を受診したほうがいいか。
など、小児のワクチン接種の副反応等に関する不安や疑問については、以下の専門相談窓口へお問合せください。

○岡山県新型コロナワクチン小児・乳幼児専門相談窓口
(小児のワクチン接種に関して医学的知見が必要となる専門的な相談はこちら)

 電話番号:0120-245-061(フリーダイヤル)

 受付時間:24時間(土日・祝日も実施)

 *上記電話番号からは接種の予約を行うことはできません。

副反応を疑う症状に対する診療体制について

(1)新型コロナワクチン接種後に、副反応を疑う症状で医療機関の受診を希望される場合、まずは、接種医やかかりつけ医など身近な医療機関を受診してください
(2)接種医やかかりつけ医が、専門的な対応が必要と判断した場合に、専門的な医療機関を紹介します。

小児・乳幼児における副反応への相談診療体制

〇 小児・乳幼児用専門的な医療機関
 ・ 岡山医療センター
 ・ 岡山赤十字病院
 ・ 川崎医科大学附属病院
 ・ 倉敷中央病院
 ・ 津山中央病院
 ※専門的な医療機関への直接のお問合せや受診はご遠慮ください。

<パンフレット>
 ・ 小児・乳幼児への新型コロナワクチン接種に関する相談窓口 [PDFファイル/529KB]

7.新型コロナワクチンの効果と副反応(5~11歳向け)

詳細は、こちらからご確認ください。

8.その他

参考リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 ワクチン対策室 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について