ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 浅口レモン(仮称)ブランド化の検討会(井笠地域6次化ふぇ第3回:浅口市)を開催(2022年1月20日)

浅口レモン(仮称)ブランド化の検討会(井笠地域6次化ふぇ第3回:浅口市)を開催(2022年1月20日)

1 内容 
 備南広域農業普及センターは1月18日、浅口市中央公民館(浅口市)で本年度第3回「6次化ふぇ」を開催しました。今回のかふぇは浅口市での取組に限定して意見交換をしたもので、浅口市では今年度2回目の開催でした。
 各組織から浅口市内等での6次化の取組状況を報告した後、レモンを栽培している生産者から需給や利用方法について、市場関係者・浅口市内事業者へのアンケートを行った結果や産地化に向けての取り組みを報告してもらいました。
 今後、浅口市でレモンを産地化していくためには、生果の流通体制整備と一次加工(果汁等)についての課題を整理し、特に流通関係についてはJAの協力が不可欠であるということで今後も関係機関で連携しながら支援していくことを申し合わせました。

2 特記事項・補足事項
  参加者:浅口市、レモン栽培者、農林水産総合センター、備中県民局の担当者11人

3 関連事業:夢を育てる!6次産業化ステップアップ事業
6次化ふぇの様子
レモン見本商品を見ながら検討

トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 浅口レモン(仮称)ブランド化の検討会(井笠地域6次化ふぇ第3回:浅口市)を開催(2022年1月20日)