ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 冬の味覚、吉備路の「冬桃がたり」収穫はじまる(2021年11月9日)

冬の味覚、吉備路の「冬桃がたり」収穫はじまる(2021年11月9日)

1 内  容
 吉備路もも出荷組合は、11月8日にJA山手選果場で、岡山県で最も遅く収穫を迎える極晩生もも「冬桃がたり」の初選果を行いました。
 本年は8月以降、季節外れの天気となる日が多く、栽培への影響が心配されましたが、昨年より4日早い選果開始となり、外観のよい美しい桃が持ち込まれました。持ち込まれた果実は、細かな部分までよく確認して選果された後、低温貯蔵され、11月15日から12月中旬頃まで出荷されます。
 「冬桃がたり」は収穫適期の判断が難しく、普及指導センターでは特性調査を行い、その結果や生育状況を関係機関と連携して生産者に情報提供し、適期収穫を支援しています。今後も産地と連携し、技術向上に向けた取組を進めていきます。


2 特記事項・補足事項
 ・吉備路もも出荷組合(90戸、22ha)
持ち込まれた「冬桃がたり」

トップページ 組織で探す 備中県民局 備南広域農業普及指導センター 冬の味覚、吉備路の「冬桃がたり」収穫はじまる(2021年11月9日)