ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 環境企画課 6月は環境月間

6月は環境月間

6月は環境月間~一人ひとりができることから~

「環境の日」、「環境月間」とは

  • 日本では、「環境基本法」で6月5日を「環境の日」と定めています。
  • 「環境の日」は、事業者や国民が広く環境保全の関心と理解を深め、積極的に環境保全活動を行う意欲を高めるために設けられており、国や地方公共団体は、その趣旨に則り各種行事を実施しています。
  • 平成3年度から、6月の1ヶ月を「環境月間」(昭和48年度から平成2年度までは、6月5日を初日とする「環境週間」)とし、全国で様々な行事が行われています。

岡山県の取組

岡山県では、県民の環境保全意識の醸成のため、「環境月間」に次のような取組を行っています。

各事業のリンク先を掲載していますので、是非ご覧いただき、一人ひとりが環境を守ることを心がけ、普段の生活でできることを実践していきましょう。

みんなで防ごう温暖化!クールビズ県民運動2021

おかやまCOOL CHOICE!宣言企業・団体

高校生部員募集中!「おかやまエコるんclub」

大学生が温暖化防止PR!「おかやまCOOL CHOICE!サポーター」募集

ライトダウンキャンペーン~身近な地球温暖化対策に取り組もう!~

アースキーパーメンバー募集中!アースキーパーメンバーシップ制度

「省エネナビ」の無料貸出実施中!

「うちエコ診断」の受信者募集中!

省エネ家電製品の選び方

児島湖流域環境保全推進ポスターコンクール

大気汚染防止夏期対策(光化学オキシダント)

おかやまプラスチック3R宣言事業所を募集します!

おかやま・もったいない!小学生ファミリーエコチャレンジコンテスト募集案内

食品ロスの削減

おかやまマイバッグキャンペーン

「岡山県統一ノーレジ袋デー」にご協力をお願いします!

岡山県自然保護センターのイベント

 

環境省の取組

令和3年度の取組の考え方

「3つの移行」による持続可能で強靱な経済社会への「リデザイン(再設計)」

(1)脱炭素社会への移行

 新型コロナウイルス感染症と、「気候危機」とも言われる気候変動問題は、ともに人類にとっての重大な脅威です。私たちは、コロナショックを乗り越えながら、気候変動対策を一層強化していく必要があります。

 デジタル化、分散化、レジリエンス強化といった経済社会の変化やニーズも梃子にしながら、ゼロカーボンシティ(2050年CO2実質排出ゼロを宣言した自治体)の動きとも連携しつつ、「環境と成長の好循環」をもたらす「脱炭素社会」への移行を加速化していきます。

(2)循環経済への移行

 廃棄物等の循環的な利用や適正処理を進めるとともに、資源循環ビジネスの活性化等を図り資源生産性を高めていくことなどを通じて、ポストコロナ時代を支える新たな競争力の源泉として「循環経済」への移行を進めていきます。

(3)分散型社会への移行

 ゼロカーボンシティの急速な拡大や災害発生時のレジリエンス強化の要請により、地域における再エネ等の自立・分散型エネルギーの導入のニーズが高まっています。また、新型コロナウイルス感染症は、都市への一極集中のリスクを浮き彫りにした一方で、人々の自然・健康への関心を高め、また、テレワーク等の普及拡大によりライフスタイルの選択肢は多様化しています。

 さらに、異常気象が頻発している昨今、防災に気候変動の視点を取り入れることが必然となっています。

 こうした経済社会の変化やニーズを捉え、再エネや自然・生物多様性等の地域資源を活かす「分散型社会」への移行を進めます。

環境省ホームページ

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 環境企画課 6月は環境月間