ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 県育成もも「白皇」の栽培研修会を開催

県育成もも「白皇」の栽培研修会を開催

1 市村(地区)
赤磐市山陽、赤坂、岡山市東区瀬戸

2 内容
 JA晴れの国岡山岡山東モモ部会を対象に、4月16日に盆後の新たな顔として産地化を進めている「白皇」の栽培研修会を県農業研究所モモほ場で開催し、生産者80名が参加しました。
岡山県が育成した「白皇」は、甘みが非常に高く、日持ち性に優れていることから期待されている新品種ですが、現地における栽培年数が短いことから、安定生産に向けた栽培技術の向上が課題となっています。
農業研究所のもも担当者から、栽培上の留意点について、実際に樹を見ながら解説があり。次に、農協から今後の販売方針や選果場への出荷協力について、部会員に呼びかけが行われました。普及センターは、発生が早まると予想されるカイガラムシ類の防除対策について指導しました。
 普及指導センターでは、引き続き関係機関と連携し、「白皇」の安定生産に向け
た支援を行っていきます。
ほ場での実習の様子

トップページ 組織で探す 備前県民局 東備農業普及指導センター 県育成もも「白皇」の栽培研修会を開催