ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 【メディア情報】令和3年3月2日 岡山県農林水産総合センター畜産研究所が参加する研究コンソーシアム「イアコーン収穫用スナッパヘッド現地適応化」に係るプレスリリース(汎用型飼料収穫機に装着可能なアタッチメントの開発)が農研機構HPに掲載されています。

【メディア情報】令和3年3月2日 岡山県農林水産総合センター畜産研究所が参加する研究コンソーシアム「イアコーン収穫用スナッパヘッド現地適応化」に係るプレスリリース(汎用型飼料収穫機に装着可能なアタッチメントの開発)が農研機構HPに掲載されています。

【メディア情報】令和3年3月2日 岡山県農林水産総合センター畜産研究所が参加する研究コンソーシアム「イアコーン収穫用スナッパヘッド現地適応化」に係るプレスリリース(汎用型飼料収穫機に装着可能なアタッチメントの開発)が農研機構HPに掲載されています。

今回の掲載のポイントは、次のとおりです。
 農研機構は、濃厚飼料の自給率向上のため、汎用型飼料収穫機に装着してトウモロコシの雌穂のみを収穫するスナッパヘッドを開発しました。トウモロコシが倒伏していない状態であれば、40a/hの作業能率を発揮します。

トップページ 組織で探す 農林水産総合センター 畜産研究所 【メディア情報】令和3年3月2日 岡山県農林水産総合センター畜産研究所が参加する研究コンソーシアム「イアコーン収穫用スナッパヘッド現地適応化」に係るプレスリリース(汎用型飼料収穫機に装着可能なアタッチメントの開発)が農研機構HPに掲載されています。